ドムドムハンバーガー1月25日、「カニクリームコロッケバーガー」を発売する。単品390円、Sセット670円、Mセット750円(以下、価格は税込)。

【関連記事】ドムドムハンバーガー「DOMDOMストール」通販開始、男女兼用シンプルデザイン、“ドムぞうくん”刺繍入り

“とろ~りなめらか”なクリームがたっぷり入った俵型のカニクリームコロッケをはさんだ、2022年最初の期間限定メニュー。浅草花やしき店・市原ぞうの国店は単品販売限定。

紅ズワイガニを使用した衣サクサククリームコロッケを、シャキシャキ食感のキャベツ、濃厚さをプラスするチーズと一緒にサンドし、特製の完熟トマトソースを合わせた。なめらかなクリームコロッケに、トマトソースの酸味と甘みが良いアクセントになり、“相性抜群”だという。ドムドムハンバーガーは「寒い日はドムドムのあっつあつのカニクリームコロッケを食べてホットに過ごすのもいいかもしれません」などとしている。


コロッケをはさんだハンバーガーといえば、多くの人が真っ先に思い浮かべるのはマクドナルドの「グラコロ」だろう。2021-2022冬季は新作「コク旨ビーフシチューグラコロ」と共に登場したが、1月上旬ですでに販売終了している。しかし、昨今はマクドナルドの「グラコロ」以外にも、複数の外食チェーンコロッケをはさんだハンバーガーを売り出している。

【関連記事】マクドナルド、グラコロ新作「コク旨ビーフシチューグラコロ」はデミグラス使用、朝マックにも登場【1月上旬で販売終了】

マクドナルド「グラコロ」「コク旨ビーフシチューグラコロ」

マクドナルドグラコロ」「コク旨ビーフシチューグラコロ」(1月上旬で販売終了)


コメダ珈琲店の冬の定番メニュー「グラクロ」は、“グラタンロケット”をはさんだハンバーガー。2月上旬までの期間限定販売で、価格は580円~610円(店舗により異なる)。あつあつのグラタンサクサクの衣で包み、特製ドミグラスソースを絡めてキャベツとともにバンズではさんだメニュー。今シーズングラタンロケットホワイトソースに使用するチーズとして、従来のゴーダチーズ・モッツァレラチーズ・チェダーチーズ・パルメザンチーズに、新たにエダムチーズを加え、“5種のチーズ”を使用した“さらに濃厚”なハンバーガーに仕上げている。

【コメダ珈琲店「グラクロ」】2021-2022冬はチーズ5種類使用で“さらに濃厚”、グラタンクロケットのハンバーガー

コメダ珈琲店「グラクロ」

コメダ珈琲店「グラクロ」


バーガーキングの「ギルティ バタコロ サンド」は、「ギルティバターバーガー」シリーズの新作で、“特製バターコロッケ”にピクルスレタスオニオンを合わせている。単品640円、セット940円。使用するバンズは、シリーズ商品の「ギルティバタービーフバーガー」「ギルティバターチキンバーガー」同様、バターが“じゅわっと”しみこんだクラフトバンズ。

【バーガーキング「ギルティバタコロサンド」】芳醇な香りとリッチなおいしさ、バターコロッケのハンバーガー


2021年の初頭には、モスバーガーが「マッケンチーズコロッケ」という期間限定バーガーを発売したこともあった。また、ドムドムハンバーガーには「浅草コロッケバーガー」という浅草花やしき店限定メニューもある。

ドムドムハンバーガー「浅草コロッケバーガー」(浅草花やしき店限定、単品350円)

ドムドムハンバーガー「浅草コロッケバーガー」(浅草花やしき店限定、単品350円)


チェーン、“コロッケハンバーガー”という点では同じでも、切り口は大きく異なり、こだわりを持ってメニュー設計している。これまでマックの「グラコロ」しか知らなかったという人は、さしあたり、コメダの「グラクロ」やバーガーキングの「ギルティ バタコロ サンド」、ドムドムハンバーガーの「カニクリームコロッケバーガー」を食べてみることで、広がりを見せる“コロッケバーガーの世界”への理解が深まるのではないだろうか。

◆ドムドムハンバーガー公式サイト ハンバーガーメニュー一覧

ドムドムハンバーガー「カニクリームコロッケバーガー」