海上自衛隊の会話では、とにかく略語が多く飛び交います。略せば最小限の語句のみで内容を伝えることができますが、知らない人にとってはサッパ意味不明。自衛官にとっては常識(?)の用語について解説します。

「トヨト」なら19文字をわずか3文字に

海上自衛隊ではあらゆる言葉が略されており、艦艇の指揮所となる艦橋のボードなどには「ネザ」「ミザ」といった謎の文字が踊っています。

これは「燃料在庫量(ネんりょうザいこりょう)」「真水在庫量(まミずザいこりょう)」の略で、意味を知っていれば即座に理解できますが、初見ではさっぱり検討がつきません。ちなみに「水」ではなく「真水」となっているのは、海が職場の海上自衛隊にとって、水といえば海水も含まれるため。区別するために、あえて真水と呼んでいます。

海上自衛官である夫やこさんも時折この略語を使います。たとえば「チョリト」。これは「貯糧品搭載(チョリょうひんトうさい)」の略です。貯糧品はお米など日持ちのする食料のことで、買い出しの際にこの「チョリト」が発動することがあります。そのためか、出港前はついつい買いすぎることも……。

そんな略語の世界ですが、やこさんから「トヨトはわかる?」と聞かれたことがあります。トヨト……、トマト……、トヨタ……?

正解は「当直士官より当直士官へ」の略! わかるか!!

当直士官というのは当直中の幹部のことで、本艦の当直士官から相手艦の当直士官へ伝達事項がある場合に「略語のトヨト」と発してから要件を伝えます。ただ、最近は通信システムデジタル化に伴い、このトヨトを使って連絡を取り合うのも少なくなってきたそう。

そう聞くと、海自オタとしてはちょっぴり寂しい気もします。

護衛艦大好き女子が海上自衛官と結婚したら…(秀和システム発行「海自オタがうっかり『中の人』と結婚した件。」より)。