カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 イスラエル刑務所に収監されているパレスチナテロリストたちが、スナック菓子の袋に精子を入れ、それを面会に来た妻にこっそり渡すという事例がここ何年も続いている。

 この方法で妻が出産したというケースは相次いでおり、これまでに101人の子供が生まれているという。

 自身も獄中にいながら精子を秘密裏に妻に渡し、4人の子供を作ったというパレスチナテロリストインタビューでその詳細を明かした。

【画像】 獄中にいながら子供を作る驚きの手口

Released prisoner explains in detail how terrorist prisoners smuggle out sperm from Israeli prisons

 パレスチナメディアウォッチ組織団体(Palestinian Media Watch PMW)は、アル・アクサ殉教者旅団メンバーで、15年の刑を宣告され、去年3月に釈放となったパレスチナテロリストラファット・アル・カラウイから、何年間にもわたり行われている精子持ち出しの実態についての取材を得た。

 アル・カラウイによると、獄中のパレスチナテロリストたちはポテトチップスなどのスナック菓子の中に精子を紛れ込ませ、外部への持ち出しに成功しているようだ。

 通常、精子は体外では数秒から数分しか生存することができないとされており、菓子袋の中で精子が生存した状態でいることが可能なのか否かという点においては疑問が投げかけられている。

 だが、囚人の妻たちは、この方法で体外受精に成功し、既に101人の子供が生まれているという。

・合わせて読みたい→パレスチナの囚人を助けた猫、イスラエル政府によって独房に入れられる

 パレスチナ当局テレビ番組の中で、アル・カラウイは次のように話している。

私たち囚人は、看守の目を盗んで食堂から精子を持ち出します。パレスチナの囚人は、面会に来る家族にキャンディークッキージュースなど5つのお菓子を入れたスナック袋を手渡します。

その中のスナック菓子の袋に、特別な方法で包んで紐を結んだ精子を入れます。名前も記しておきます。そして、面会に来た妻もしくは母親にそれを渡します。

 こうして外部に持ち出された精子は、ヨルダン川西岸のナブルスにある不妊治療や体外受精を専門とするラザン医療センターへと持ち込まれ、凍結保存されるという。

1_e0

 囚人の妻たちは、ここで体外受精を施され、うまく行けば妊娠・出産することができ、刑務所の面会時に生まれたばかりの我が子を妻が獄中の父親と初対面させるというケースが少なくないようだ。

ガザ地区で増える精子持ち出しによる体外受精出産

 2014年からイスラエルで収監されているパレスチナテロリストのモハンマド・クドラの妻イマン・クドラさんも、外部に持ち出された獄中の夫の精子によって4人目の子供を出産した。

[もっと知りたい!→]猫の運び屋。刑務所内に携帯電話を運び入れるために訓練した猫を使用。職員が発見し映像を公開(コスタリカ)

 クドラさんの場合は、夫と同刑務所に収監されていたパレスチナ人が出所する際に、精子の持ち出しに成功したという。

 長期間収監される夫が出所する頃には、妻の自分も夫も50代になっている。そんな年齢からの子作りは困難という妻たちは、こうした方法で子孫を残して行くため体外受精を試みる。

Palestinian inmates turn to 'sperm smuggling'

 専門家によっては、凍結保存の条件にかかわらず、精子の質が良ければ容器の中で24時間以上保管されていても生存する可能性はあると述べている。

 ガザ地区のクリニックでは、それでも12時間以内に精子が持ち込まれ、凍結保存されることを望んでいる。

 同地区に限らず、イスラエル占領下のヨルダン川西岸では、この方法で妊娠・出産するパレスチナ人妻が増えているようだ。

 なお、囚人の妻の体外受精は、コミュニティサービスの一環として費用を無料にしているクリニックもあるということだ。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

パレスチナのテロリスト、獄中からお菓子の袋に精子を入れて妻に渡し、体外受精で出産させる事例が続発