退職届

自分の上司と良好な関係を築けている場合には、退職はさほど難しいものではないのかもしれない。しかし、このたび人気掲示板Reddit』に投稿した人物は、退職をめぐって大いに苦悩したのだという。『Sun』『Mirror』など海外メディアが報じた。


■昇給を断られ退職を決意

データ管理者としてとある企業に勤務していた投稿主は、過去3年間、時給12ドル(約1,400円)で勤務してきた。「笑ってしまうほど少ない」昇給しかなく、同じ部署内でこれほどの薄給だったのは自分一人だけだったという。

そこで、時給22ドル(約2,500円)への昇給を要求。しかし元上司はこの額を却下し、時給18.5ドル(約2,100円)を提示してきたそうだ。この提示額を受け入れられなかった投稿主は、会社の規定通り、退職日より14日前に退職届を提出した。


関連記事:およそ4割の人が退職代行の使用に感じていること 「純粋に困る」との声も

■上司は退職を受け入れず

投稿主の仕事は膨大な量のデータの入出力を取り扱っていため、後任が業務を遂行できるようになるまで、短くとも数週間かかるのは明白だった。そのため、退職届を出してから毎日「この日に辞めます」と、元上司にリマインドし続けたという。

しかし、元上司は「辞める必要がない」「昇給はこれまでもしてきた」とし、退職を受け入れなかったという。さらには「今ここで辞めれば会社に損失を与える」と、法的手段もほのめかしてきたのだそうだ。


■退職後も執拗な電話

そんな投稿主に追い打ちをかけるように、元上司は退職後に9回も電話をかけてきた。

退職届は14日前に元上司に出していたものの、人事部に直接提出したのは7日前だったことから、不安に駆られたという。そこで「法的手段なんて取れないですよね?」と掲示板で不安を吐露したところ、多くのユーザーたちからコメントが寄せられた。


■万全を期して退職を

ある掲示板ユーザーは「そんなことで法的手段はとれないけど、君みたいに、何か問題があるんじゃないかって思ってしまうんだよね」と、会社や上司が従業員に対して持つ精神的な圧力について、コメントした。

また、「辞められて困るなら、元上司は自分の上司に君の昇給を掛け合えばよかっただけ。気にするな」など、元上司への非難と同時に投稿主への応援の声も相次いだ。

円満な退職ができればそれに越したことはないが、トラブルで退職する際は、会社が定めている規則をよく確認し、万全を期したほうがいいだろう。

・合わせて読みたい→定時出退勤を「やる気なし」と怒られ… 解雇女性の投稿に上司への批判殺到

(文/Sirabee 編集部・原田パラン

昇給を却下された従業員が退職 「法的手段とる」とほのめかした上司に批判殺到