詳細画像はこちら

まさかのプロトタイプ発見

ランボルギーニのオフロードスーパーカーステラート」のプロトタイプが、初めて公の場でテストしている様子が確認された。

【画像】新型ステラート市販化なるか?【テスト車両とウラカンを写真で比較】 全94枚

ステラート(イタリア語で「未舗装路」の意)は、ランボルギーニ・ウラカン・エボをオフローダー風に仕上げたモデルとして、2019年コンセプトモデルが公開された。当時、同社の広報担当者は、このモデルを生産に移す計画はないと述べていた。

詳細画像はこちら
目撃されたランボルギーニステラートのプロトタイプ    AUTOCAR

今回、軽いカモフラージュの施されたテスト車両が登場したことで、最終的に市販化される可能性が見えてきた。

外観としては、ウラカン・エボよりもはるかに高いグランドクリアランスを有している。ルーフにはエアインテークやルーフレールを装備。フロントバンパーはストーンガードで強化され、ボンネットにはLEDライトバーが装着されている。

ランボルギーニは以前、ステラートが市販化されることになれば、3Dプリント技術で製造できるとしていた。だが、コンセプトモデルで見られたオーバーフェンダーはいまのところ装備されていない。

未舗装路に適した仕様のウラカン

2019年ステラート・コンセプトは、ウラカン・エボと同じ5.2L自然吸気V10エンジン7速ATを搭載し、最高出力640psで4輪を駆動するものであった。

ステラートの市販モデルでは、ウラカンの後輪操舵システムはそのままに、低トラクションの路面でより効果的にグリップを発揮できるランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ(LDVI)システムを採用することが予想される。

詳細画像はこちら
目撃されたランボルギーニステラートのプロトタイプ    AUTOCAR

スポーツカーのオフロード仕様を実験しているのは、ランボルギーニだけではない。ポルシェ911ベースの「サファリ」をテストしているところを目撃されており、モーガンは「プラスフォーCX-T」の製造を確約している。

ステラートが、アヴェンタドールJやSC20のようにワンオフのプロジェクトになるのか、それともシアンFKP37のような限定シリーズとして少量生産されるのかは、今のところ不明である。


新型ランボルギーニ・ステラート 市販化決定? ウラカンベースの4x4、プロトタイプ発見