学生・大学生・勉強・図書館

大学院に通いながら、インテリアデザイナーを目指して家具店で働く。そんな女性の日常が、突如として奪われてしまった。悲劇の全貌を『Mirror』など海外メディアが伝えた。


■無惨な状態の遺体

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の大学院生であり、ロサンゼルスの家具店でデザイナーコンサルタントとして勤務していたブリアナ・カッファーさん(24)。その遺体が、殺害されてからおよそ20分後に同家具店の客によって発見された。

ロサンゼルス市警察の調べにより、何らかの暴行を加えられた後、体をナイフで複数回刺されて死亡したことが判明した。


関連記事:性的暴行に猛抵抗した女性を惨殺 容疑者は「ダメだと悟った瞬間カッとなった」

■無差別殺人の可能性

同じくUCLAに通う友人や周囲の人たちは、カッファーさんについて「誰にでも優しく、親しみやすい、まるで天使のような存在」と称し、恨みを買うような人物ではなかったと話している。

その後、警察の調査により、現場付近の防犯カメラから犯人と思われる黒人の男が特定された。男の名前はショーンラヴァルスミス(31)で、警察に対し発砲や暴行を加えたとして、過去10年の間に逮捕歴のある人物だ。

スミスは、事件当日は全身黒ずくめの格好に、黒いリュックサックを背負っており、事件現場付近にあるセブン-イレブンの防犯カメラにも、その姿が捉えられている。しかしブリアナさんとスミスに面識はないと思われ、無差別殺人の可能性が極めて高いと推測されている。


■依然逃亡中の犯人

スミスは現在ホームレスと思われ、行方を含め捜査は難航している。警察は情報提供を呼びかけ、報奨金として約570万円を支払うことを発表した。

またブリアナさんの父親であるトッド・カッファーさんは、警察に対して捜査の遅れを非難しており、「一刻も早く犯人を捕まえてほしい」と語っている。

・合わせて読みたい→11歳女児に性的暴行を加え殺害した凶悪犯が獄中死 被害者の父親は「行き先は地獄」

(文/Sirabee 編集部・多田一喜

20代大学院生が無差別殺人の犠牲か 「まるで天使のような女性だった」