ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください
中華そば 堀川

週刊文春ミシュラン掲載店である、「中華そば 堀川」にて暴行、脅迫事件が起きたという。同店は「ミシュランガイド東京2022」に掲載されたラーメン店で、自由が丘にあるお店。
11時頃には既に列ができる程の人気店。

・閉店後に暴行

事件が起きたのは2021年9月の営業終了後のことで最後のお客さんが出て行くとBはA子さんを厨房で激しく殴り出したという。その時間2~3分。そういう殴る時間のことをBは「パーティー」と呼んでいた。
「アツアツのフライパンをお前につけてええか?」、包丁を持って「マジで死んでほしいやんか。刺してもいいかな?」などと脅してきたこともあったり、更にはバックに反社が着いているかのような発言までしていたという。

・店の評判はボロクソ

この「中華そば 堀川」なかなかの人気店だが、口コミはかなり悪い。平均点も1.9となっている。文春に書かれたから平均点が悪いのではなく、元々店主の態度が悪いとい口コミが多数挙がっており、「接客が悪すぎる。史上最悪の店」、「店長の接客は最悪。威圧的な態度で気分が悪くなりますからおすすめはできません」、「コロナ脳。接客はやめた方がいいと思う」、「店主の態度も悪い。ガチサイコパス。味も悪い」とボロカス書かれている。

・店内はピリピリ

実際に行ったことある私も、別の客がマスクテーブルの上に置いただけで怒鳴られたのを目撃した。また店主は常に客を監視しており店内は緊迫した状況が続き私語なんか出来そうにもない雰囲気である。
味は好みにも分かれるがチャーシューはおいしかったという感想しか残っていない。

わざわざ自由が丘まで足を運んだのだがリピートはないだろう。自由が丘と言えばグルメの街、そして日本三大スイーツの街でもある(残りは佐久市と神戸)。そんなグルメの街このような態度のラーメン屋が長くやっていけるとは思えない。なんなら自由が丘には「中華そば 堀川」よりもおいしいラーメン店はいくらでもある。

「中華そば 堀川」は元々大阪の店だったのだが、グルメの街で勝負するために2020年1月8日に移転。

店主の姉はNSC大阪校33期の吉本芸人、堀川絵美。

中華そば 堀川

レビュー

レビュー

追記:2022年1月22日

「中華そば堀川」は本来休業日ではないのに店は開いておらず、店には貼り紙がしてあり、「しばらくの間休ませて頂きます。申し訳ございません。店主」と書かれている。しかしその経緯については書かれていない。しばらくしたら再開するのかこのまま休業が続くのか。
またミシュランガイドB級グルメ版、ビブグルマンにも掲載されていたが現在は削除されているのが確認された。ビブグルマンとは安くておいしいいわゆるB級グルメを掲載するガイドで、通常のミシュランガイドのように格付けは行わない。

現在はまだGoogleキャッシュで閲覧が可能。

中華そば堀川 貼り紙

中華そば堀川 貼り紙

中華そば堀川 貼り紙

ミシュランガイド 堀川