image秒刊SUNDAY

DAZN(ダゾーン)は、スポーツ専門の定額制動画配信サービス2017年よりスカパーに替わって「サッカーJリーグ」の独占中継を開始、当初はJリーグファンから歓迎されているとはいえなかったものの、いつの間にか替えのきかないサービスになっていました。そのDAZNが突然「月額視聴料」を大幅値上げ、特にサッカーファンから不満が上がる事態になっています。

「DAZN」月額約56%の大幅値上げ!

スポーツ配信サービスの最王手であるDAZN。現在はNPBプロ野球、F1、Jリーグなどの配信を月額1,925円で提供しているのですが、2月22日より月額3,000円と約56%もの大幅値上げを実施することを発表しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

2022年2月22日以降は月間、年間プランそれぞれにおいて、新規ご契約時の1カ月の無料体験はございません。

さらに新規契約時の1ヶ月無料体験も廃止もアナウンスされており、いわゆる「改悪」状態が一気に進みました。

参考:DAZN「価格改定ならびに新プランのお知らせ」

サッカーファンの不満が大きい理由

サッカーファン、特にJリーグファンから大きな不満が出ています。

https://platform.twitter.com/widgets.js

その理由としては……

Jリーグスカパーから奪っておいて、今さら値上げ?
・野球もF1も興味がないから高すぎる!
サッカーの代表戦まで独占しておいてそれはない!
JリーグはDAZNでしか見れないから、不本意でも契約続けるしかない

image秒刊SUNDAY

NPB日本プロ野球)に関しては、CS放送でも見られる(一部DAZN独占試合あり)ので、DAZNの価格が高いと思えば他の方法でも見ることが可能。F1に関してもCS「フジテレビNEXT」での放送があるので、DAZNだけに頼る必要がないわけです。

そもそも配信サービスになったことで、ネット回線を持たない(または詳しくない)層からJリーグの観戦機会を奪ってしまったDAZN。未加入者はJリーグ及び日本代表戦(アウェイ)を”ほぼ”視聴出来なくなっているというのが現状です。

「DAZN加入者」に値上げについて聞いてみました

ホームの試合は半分以上、時折アウェイの試合を見に行くという「DAZN加入者」に話を伺ったところ……。

「他のサブスクに比べて、3,000円は些か高すぎるかと。スポーツ配信のサブスクとしてはどうかと思いますね」(20代男性)

「え?値上げするんですね」(20代女性)

「3,000円でもいいので、天皇杯ルヴァンカップまで放送して欲しい。DAZNが独占することで、新規ファンは増えなくなってしまいそう。それに代表戦やワールドカップまで独占になったら、サッカーが終わってしまうのでは」(30代男性)

「価格に見合ったコンテンツを提供してくれればいいのですが……ホームは観に行くとして、アウェイ戦だけで月3,000円はちょっと高いかな」(40代女性)

image秒刊SUNDAY

元々は「仕方のない」と思われていた価格だったのですが、急に1,000円以上の値上げとあっては、不満が多く出るのも納得です。Jリーグファンからすれば、現在は放送権がない「天皇杯」「ルヴァンカップ」くらいは最低限中継してくれよ……と思うのも当然かもしれません。

現在「内田篤人FOOTBALL TIME」や「やべっちFC」の事実上後継番組である「やべっちスタジアム」などが見られているのは嬉しいのですが、これから月額3,000円という価格になると二の足を踏むという方も多くなりそうです。

sourceDAZN(ダゾーン)



画像が見られない場合はこちら
DAZN、月額1925円から3000円に大幅値上げでサッカーファンから不満の声