世帯年収1600万円といえば、日本では高収入と言えるだろう。そんな高年収帯のキャリコネニュース読者から寄せられた、余裕を感じる懐事情を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/CPG04M4S

「自由に使えるお金がそこそこある」

千葉県で暮らす40代前半の男性(その他/正社員/子ども1人)は、世帯年収1600万円。男性は自らの家計事情について、次のように明かす。

「夫婦とも同じくらいの年収。財布は別で、住宅や自動車ローン光熱費は私が、食費と子どもの私立校の学費などは妻が負担しています」

そのため、「自由に使えるお金がそこそこある」という。

イメージ画像

画像はイメージ

「貯蓄だけでなく、オートバイトライアスロンといったお金のかかる趣味も自由にやらせてもらっています。世帯年収の割には住宅ローンも車の価格も高くないので、ゆとりを持って生活できています」

同じく世帯年収1600万円で40代後半の男性(埼玉県メーカー系、素材・医薬品他/正社員/子ども3人)も、

「普段の食事の買い物であまり金額を気にしない。特に趣味のものはなんでも買える」

と余裕のある生活感を綴っていた。

世帯年収1600万円、余裕ある生活「トライアスロンなどお金のかかる趣味も自由にやらせてもらっています」