ソニー・ピクチャーズバイオハザードの新たな実写映画バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティリサ・トレヴァーが登場することを発表した。同作の公開は1月28日(金)となっている。

 バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』はゲームバイオハザード』を実写映画として新たにリブートする新作。本作の舞台は巨大複合企業「アンブレラ社」の拠点があるラクーンシティ。この町の孤児院で育った主人公クレア・レッドフィールドは、アンブレラ社の事故により街に異変が起きていると警告する不可解なメッセージを受け取り、ラクーンシティへと戻ってくる。

 本作で重要な役割として登場するリサ・トレヴァーは、リメイク版『バイオハザード』にてその異様な生命力でプレイヤーを苦しめたキャラクターだ。

 リサはアンブレラ社によって人体実験を繰り返され、異様な姿に変えられてしまっており、皮で紡ぎ合わせた人間のお面のような被り物を被っている。被り物からは右目しか見えず、顔の全貌は明らかになっていない。昔はワンピースを着ていたのか、今ではボロボロとなってしまった布をまとい、痣だらけの手には枷を付けている。

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』には哀しき悪役「リサ・トレヴァー」が登場へ。1月28日の公開に先駆け本編映像も解禁_001

 今回解禁となった映像は、レオン・S・ケネディクレアブライアンアイアンズ署長が、ゾンビに追われラクーン市警から養護施設に移動してきたところから始まる。天井にある蛍光灯が徐々に揺れていくのを訝しげに見ていたレオンは、ドアの向こうに怪しい人影を見つけ、慌てて銃を向ける。ゆっくり顔を向けるリサ。その異様な姿に驚いたレオンは、助けを呼ぶかのように皆に声をかける。するとリサは人差し指を口の前に立てて、静かに「シー」と口にする。

 監督、脚本を担当したヨハネス・ロバーツは、リサ・トレヴァーについて「この映画の中で描いたキャラクターの中でもっとも魅力的だったひとり」と語り、「彼女は、オリジナル版のゲームで、僕が一番興味を惹かれたキャラクターのひとりだった。怖さと同時に、何かとても痛ましいものを感じて、心に残るんだ。それをこの映画でも表現したいと思った。ひどく苦しんでいるキャラクターに、命と人間性を加えたかった。観客の反応が楽しみだよ。」と、ワクワクした様子も見せている。

 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』は1月28日(金)に全国の映画館で公開。ゲームリサ・トレヴァーに苦しめられた方も、実写化された彼女の姿を見に行ってみてはいかがだろうか。

『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』公式サイトはこちら『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』公式Twitterはこちら