『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』(フジテレビ系/毎週日曜23時15分)第8話が23日に放送。「俺は煉獄のようにはできねぇ」と葛藤しながらも柱の役目を全うする宇髄天元の姿に熱狂する視聴者が続出。「炭治郎は宇髄さんの向こう側に煉獄さんを見ている」「アニオリ煉獄さんを挟むの素晴らしい」など多数のコメントが寄せられている。

【写真】上弦の陸に立ち向かう音柱・宇髄天元と“継子”たち

 第8話「集結」では、上弦の陸・妓夫太郎&堕姫との戦闘がいよいよ本格化。討滅にあたった宇髄は、妓夫太郎の強さと毒に苦しみながらも戦いの中で倒す手立てを探っていた。戦いの最中「お前は生まれた時から特別な奴だったんだろうなぁ 選ばれた才能だなぁ」と妬む妓夫太郎に、宇髄は「俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな」「俺が選ばれてる? ふざけんじゃねぇ 俺の手の平から今までどれだけの命が零(こぼ)れたと思ってんだ」と怒りをにじませる。

 表向きは派手なイメージが強かったが、「俺は煉獄のようにはできねえ」と心の内に葛藤を抱える宇髄。忍の過去や矛盾に苦しみながら柱として戦う姿に、視聴者からは「自身の実力を理解してるから上には上が沢山いると把握してるのがほんと良い」「妬み嫉みを真正面から受け止める宇髄さんの度量よ」「1話で変質者として登場して以降株の上がり続ける宇髄さん、これが柱の魅力よ」「煉獄さんの代わり、出来てますよ宇髄さん…」「煉獄さんの『この少年は弱くない。侮辱するな』を思い出す」といったコメントが多数。これらのコメントを裏付けるように、助太刀に駆け付けた竈門炭治郎は、「こいつらは3人とも俺の優秀な継子だ」と話す宇髄に煉獄の姿を重ねている。

 本編終了後の予告パートでは、そんな宇髄に「俺だってお前のようにはできはしない」「お前の剣技は美しい」と煉獄が語りかける柱同士の掛け合いも。「妻はちょっと多すぎるがな」と笑いながらも「頼んだぞ、宇髄」と“継子”を託すアニメオリジナルシーンに、ネットには「ほんとに最高のアニオリシーンですわ…」「宇髄さんと煉獄さんの魂の絆ですね」「本当に無理…好き」「やっぱ煉獄さん的にも嫁三人は多すぎなんですねぇ!」などと、視聴者から歓喜の投稿が相次いでいる。

※「煉」の正式表記は「火+東」

『テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編』第8話場面写真 (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable