神奈川県相模原市宝くじ売り場で、おもちゃの拳銃で販売員を脅したとして、69歳無職の男が逮捕された。

 ​>>27歳無職男、「ウマ娘」の偽アカウントを出品し6万円だまし取る「そもそも禁止行為」怒りの声相次ぐ<<​​​

 男は16日午後3時頃、小田急線相模大野駅構内の宝くじ売り場で、持参したおもちゃの拳銃を販売員2人に突きつけ、「金を出せ」などと脅す。拳銃を突きつけられた販売員の1人がおもちゃであることを見抜き、「それ、おもちゃよ」と指摘すると、何も取らずに逃走した。

 その後、販売員が警察に通報し、事態が発覚。防犯カメラの映像から、相模原市南区に住む69歳無職の男が容疑者として浮上。強盗未遂の疑いで逮捕した。警察の取り調べに対し、男は「私が1人でやったことに間違いありません」と容疑を認めているという。おもちゃの拳銃で強盗を企て、すべてを見抜かれると逃走した男。その行動は、情けないと言わざるを得ないだろう。

 ネット上では、男が所持していた拳銃がおもちゃであることを見抜いた宝くじ売り場の販売員に、「緊迫する状況で、よくモデルガンであることを見抜いたと思う。よっぽどちゃっちいモデルガンだったのかな」「おもちゃであることを指摘すると犯人が激昂する可能性もあった。勇気のある行動だったと思う」「宝くじ売り場の販売員は研修を受けているのだろうか? たとえ、受けていたとしても、冷静に相手を観察していたと思う」と称賛の声が上がる。

 一方で、「宝くじ売り場なんで、防犯カメラのむしろ。そんなところで強盗をしようと企てても無駄だよ」「69歳にもなって、おもちゃで強盗。世も末という感じがする」「乗降客の多い相模大野でそんなことをするなんて。すぐに取り押さえられてしまうのは明白」という指摘も上がっていた。

画像はイメージです