調味料や野菜などの保存に便利な床下収納だが、その存在を忘れてしまい「長い期間放置してしまった…」なんてことも。今ツイッター上では、床下収納で保管していたじゃがいもの成れの果てが話題になっている。

【話題のツイート】床下収納が樹海に…?


■床下収納のじゃがいもが…

床下収納

「やばい。床下収納久々に開けたらジャガイモの芽の樹海ができてて心臓跳ねた」とコメントを添え、衝撃的な写真を投稿したのは、ツイッターユーザーのおこめさん。蓋を開けてこの状態とは…考えただけでも恐怖である。漫画やゲームキャラクターが強さを追い求めるあまり、原型を留めない邪悪な姿になってしまった時のようだ。

じゃがいもの芽は、天然の毒である「ソラニン」や「チャコニン」が多く含まれており、一定量以上を摂取すると腹痛を引き起こすことでも有名。まさか床下収納が変わり果てた状態になるとは、思いもしなかったのでは…。


関連記事:羽鳥アナも「天才」と称賛 洗濯機が見当たらない家、驚きの収納場所とは

■ネットでは驚きの声が続出

おこめさんの投稿にネットでは、「ホラーかな…」「床下収納を開けて、なんの心構えもなくこれが目に入ったらビビるね」「あれ放っといたらこうなるんやね」といった具合に、驚きの声が続出。

他には、「似たような目に遭ったことがある」「昔、友人の農家から米30kg買った中にサツマイモがこの状態で。知らずに手を突っ込んで悲鳴あげたわ」など、同じような経験をしたというコメントも多く見られた。

■あまりの衝撃に飛び上がった

床下収納に広がった恐怖の世界…。初対面時の心境が気になった記者は、おこめさんに話を聞いてみると、「何の心構えもなく蓋を開けたので、見た瞬間はギョッとして飛び上がりました。恐怖を感じましたし、未知の生き物かと思いました。何もない空間でここまで芽を伸ばせることに、生命の逞しさも感じて感動しました」とのこと。さまざまな感情が入り乱れるのも納得である。

じゃがいも自体は昨年の夏頃に貰ったもの。約半年ほど手付かずで、小さいダンボール2箱に入った20~30個ほどのじゃがいもが芽を伸ばしていた。


■じゃがいものその後

気になる人も多いであろう床下収納を開けた経緯については、「部屋の掃除をしていて、ふと床下収納に何かしまっていたのを思い出して整理しようと開けたんですが…」とのこと。紫色をした未知の生命体に、さぞかし驚いたことだろう。

そして、芽が伸びきったじゃがいものその後については、燃えるゴミの日にまとめて出したそうだ。

・合わせて読みたい→マツコが激推しする「最高の味噌汁」を再現 これは世界一しみるかも…

(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太

半年間放置していた床下収納を開けると… 蓋から飛び出した「謎の生物」に衝撃走る