政治とメディアについて年末から話題になっています。大阪府読売新聞大阪本社の包括連携協定、立憲民主党ネットメディアCLP」への資金提供を明らかにしていなかった件、最近では毎日放送MBS)が元日に放送した番組が「政治的公平性を欠く」と社内の調査チームを発足させることが明らかになった。

 私が同じ頃、年末から感じていたのは当事者によるメディアでの言いっ放しの怖さでした。その年に話題だった人がインタビューに登場して語るのは良いのだが、ギョッとする構成が多かった。

なぜか受賞モード全開の菅氏 

 たとえばこちら。

『報知社会面大賞!! 菅前首相 「えーウソ!? …感動しております」 総裁選よりコロナ対策優先 手腕再評価の声も』(スポーツ報知2021年12月29日

 スポーツ報知の「社会面大賞」とは1年間の社会面での記事の掲載回数や大きさをランキング化したもので、“多くのライバルを抑え、1位となった”(記事より)のが菅氏だったという。

 ふつうに考えれば首相としてコロナ禍での対応を常に問われ、長男による官僚接待の「利害関係者」問題もあり、さらに日本学術会議問題や東京五輪についてろくに説明もしなかった態度は日々ニュースになって載るだろうと想像できる。しかし記事は「えーウソ!? そうなの? 全く思ってもいないこと。まさに感動しております」と菅氏のコメントを前面に出し、受賞モード全開。さらに総裁選不出馬について、

「最優先でコロナ対策をすると言っていたので、まずはそちらをと判断しました」

 と本人の言いっ放しを載せていた。年末の記事だから「今年もいろいろありました」感があるのはよいとして、数々の論点があった当事者に言わせっ放しで報道側がツッコまないのは読んでいて怖かった。

 年明けには菅氏は産経新聞の「単刀直言」というコーナーに登場していた(1月13日)。

 ここでも菅氏は、

「昨年9月3日自民党総裁選の不出馬を表明しましたが、緊急事態宣言の期限を8月31日から9月12日に延長する方針を固めた(8月中旬)ころから(不出馬の可能性を)頭に入れていました。9月12日で(宣言を)終え切れない場合は私自身総裁選に出馬すべきじゃないという思いでした。」

 つまり「8月中旬」から不出馬を考えていたと言っているのだ。またまた御冗談を、不出馬表明をする9月3日までなりふり構わず権力闘争していたのは菅さんでしょうに。

必死の「延命策」が裏目に

 当時をおさらいする。岸田文雄氏が「総裁になったら二階幹事長を再任しない」という先制パンチを放つと、菅氏はすぐさま岸田案をパクって二階外しを決断。そのあと下村博文氏を呼びつけて出馬断念に追い込む。総裁選を先送りして9月中に解散という奇策も選択肢に入れた。これは8月31日の夜に毎日新聞に報道され、翌日に否定せざるを得なかった。情報戦でバチバチやってたこの時点まで菅氏がやる気満々だったことはわかる。「8月中旬」から不出馬を考えていたとは思えない。

 当時の記事を振り返ろう。

『「菅離れ」一気、方策行き詰まる…解散・人事など延命策が裏目に』(読売新聞オンライン2021年9月4日

《菅首相が3日、自民党総裁選への不出馬を表明したのは、党役員人事や衆院解散、総裁選先送りなど、自らの方策がことごとく行き詰まったためだ。》

 策士、策に溺れたのだ。

 政局のことなんてどうでもいいじゃないかと思う方もいるだろう。しかし当時報道されていたのは「五輪が始まれば盛り上がるので、その雰囲気のまま解散総選挙へ」という菅氏の「戦略」だった。すべて権力闘争と繋がっていたのだ。だから検証が必要なのである。

 それなのに、本人がインタビューに答えてくれるからといって、年末年始の記事だからといって、当事者の言いっ放しをツッコみ無しで載せてしまうのはどうなのだろう。これは「一人改ざん」にもつながらないだろうか。せっかく当事者にインタビューするのだから検証記事が読みたい。

NHKも例外ではなかった

 しかし同じような言いっ放しは新聞だけでなくNHKもやっていた。

 1月16日に放送された「証言ドキュメント 永田町・権力の興亡 コロナ禍の首相交代劇」である。菅氏から岸田文雄氏への首相交代があった昨年、

《その舞台裏で何があったのか? そして前回の自民党総裁選挙で大敗した岸田は、なぜ総裁の座を手にすることができたのか? キーパーソンによる証言からコロナ禍の政権移行の内幕に迫り、日本政治の行方を展望する。》(HPより)

 しかし番組を見てみたら、自民党の権力ゲームを大仰な音楽や演出によって重厚そうに伝えるだけの番組だった。岸田首相、菅氏、安倍晋三氏、麻生太郎氏、二階俊博氏、河野太郎氏などなどがそれぞれ言いたいことを言っていた。

 菅氏は「悔しいというよりひどすぎると思います。そういう流れをつくろうとした人がいたんじゃないですかね」。先述した8月31日毎日新聞報道は菅潰しが目的のリークではなかったかと語る。

自民党が負けると「日本が終わる」?

 甘利明氏は支持率が低い菅氏が総裁選を先送りして解散総選挙をやったら「日本は終わっちゃう」と思ったと言っていた。NHKはご丁寧にもテロップをつけていたのだ。

「これ(解散)行われたら もう自民党は終わるし 日本は終わっちゃうなと」

 自民党が選挙に負けたらなぜ日本は終わるのか、画面では記者は何も尋ねていない。公共放送が与党政治家に好きなことを言わせっ放しなのである。それともNHKも「自民党が負けたら日本が終わる」と思っていたのだろうか。

 安倍氏は総裁選を振り返り

「(岸田氏と河野氏の一騎打ちになると河野氏の)ワンサイドゲームになるという危険性も私はあったと思うのです」

「決戦投票の時に1位になれるような工作をするというのは戦いの中では当然のことだろうなと」

「最後岸田さんとは協力できるなと考えていました」

 と高市早苗氏推しからの岸田氏支持の流れについて語っていた。あくまで一つの政党内の権力争いという「見世物」なのに、大一番に勝ったスポーツの監督風の演出だった。

聞き覚えのある声の主は…

 ちなみに安倍氏への聞き手の声は聞き覚えがあるなとエンドロールを確認したら「岩田明子」とあった。ああ、かつては安倍番として放送にバンバン出ていたあの方だ。お元気でしたか岩田さん。こっちの「NHK・権力の興亡」のほうが見たかったのですが。いつか制作してくれないだろうか。

 それにしても新聞もテレビも当事者の政治家にせっかくインタビューするならきちんといろいろ聞いてください。じゃないと単なる広報です。

(プチ鹿島)

©文藝春秋