給食

お腹をすかせていたのに、楽しみにしていた給食を食べることができなかった息子。わずかながら給食費の未払い分があった母親が、学校の対応に激怒していることを、『The Sun』など海外のメディアが伝えた。


■未払いを知っていた母親

イギリスストックポートの学校に息子を通わせている女性は、週に6日働く忙しいワーキングマザーだ。先日は学校からメールが届き、わずかだが滞納している約600円分の給食費があると知らされた。

しかし多忙なこともあり、うっかり放置。息子は何も知らず、先日もいつものようにカフェテリアに行き給食を食べることにした。そこで息子はパスタを選びトレーに乗せたが、それに気づいた職員が声をかけ待つよう指示した。


関連記事:新型コロナ感染後の出席停止期間めぐり母親と学校が衝突 児童2名が転校の事態に

■サンドイッチを差し出され…

職員はすぐにオフィスに行き、上司に相談。その後に「お金をもらっていないの」「だからパスタをあげるわけにはいかないわ」と息子に伝えた。

一方で、腹をすかせた生徒を放置するわけにはいかず、職員はサンドイッチを取り出し差し出すことに。だがバターを食べると体調を崩す息子は受け取らず、「いりません」と断りカフェテリアを後にした。

■学校側の言い分は…

息子から経緯を聞かされた母親は、「ウチの子が恥をかかされた」と激怒。学校側も母親が怒っていることを知り、「こちらは規定のルールに従うのみです」と述べた。

なお、学校側は「私どもは(生徒が腹をすかせないよう)サンドイッチを差し出したのです」と話し、「でも『いらない』と言われ返されてしまいました」とコメントしている。


■「ムカつく」と激怒した母親

「本当に腹立たしいです」「ウチの息子がこんな目に遭うなんて信じられません」という母親は、メディアの取材に応じ「学校からは電話連絡さえありませんでした」と不満をぶちまけた。

この件につき多くの人がネットコメントを書き込んでいるが、「子供がかわいそう、学校がひどすぎる」「“借金”を知りながら対処が遅れた母親が悪い」と賛否両論が飛び交った。ひどいのは学校なのか、それとも母親なのか。子供が悲しい思いをしたことだけは間違いない。

・合わせて読みたい→「息子が死にました」と嘆く母親 学校が葬儀費用を集るもすべて嘘と判明

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

「息子が食事もらえず恥かいた」 給食費未払い放置の母親が学校に激怒