昨年8月、イギリス在住のある女性がハイキング中に足を滑らせて約24メートル下の滝壺に転落した。女性は脊椎や内臓を損傷する大怪我をしたが、奇跡的に一命を取り留めたという。その後数回にわたり手術を受け、2か月以上の入院生活を経て現在は10キロのウォーキングができるほど回復したそうだ。『Liverpool Echo』『The Mirror』などが伝えている。

リバプール郊外のエグバースに暮らすカーラ・サットンさん(Cara Sutton、26)は昨年8月、交際中のジェームズさん(James)と共に北ウェールズの「スノードニア国立公園Snowdonia National Park)」を訪れた。

2人は公園内の「コイド・ア・ブレニン森林公園(Coed-y-Brenin Forest Park)」でハイキングを楽しんでいたところ、崖の近くで足を滑らせたカーラさんが約24メートル下の滝壺に転落した。その衝撃により脊椎損傷や骨盤の粉砕骨折などの大怪我をしたが、幸いにも一命を取り留めた。

カーラさんはその時の状況をこのように振り返った。

「岩に足を滑らせて転んだ時、ジェームズが『気をつけて!』と叫んだことを覚えています。それ以上滑り落ちないように苔にしがみついてもすぐに剥がれてしまって。後ろには崖縁があったのですが、私は自分が落ちそうだとは気づかなかったんです。落ちた時は声も出なかったし、その瞬間のことは覚えていません。」

一方でその恐ろしい瞬間を目の当たりにしたジェームズさんは、当時の状況を次のように明かしている。

「あともう少しで手が届くところで、カーラは私の名前を叫びながら落ちていきました。瞬時の判断で彼女を追わず、岩に爪を立てて近くの植物につかまって、崖から落ちないように何とかよじ登って。そして大声で3回助けを求めてから急いで来た道を戻りました。たまたま近くに家族連れの医師がいて助けてもらうことができました。」

「あの高さからカーラが落ちた瞬間、正直もう助からないと思いました。病院に着いた時、誰もがみんな『生きていて本当によかった』と口を揃えて言いました。落下した後もカーラは奇跡的にヘルメットを被ったままで、そうでなければ今頃どうなっていたか…。」

その後、山岳救助隊により救出されたカーラさんは「ロイヤル・ストーク大学病院(Royal Stoke University Hospital)」の外傷センターに搬送された。

同病院の医師によると、彼女は骨盤や肋骨、胸骨を骨折しており、さらに脊椎損傷と肺虚脱も認められ、数回にわたる手術を行ったそうだ。

そして2か月以上の入院治療を経て、昨年11月9日に無事退院したカーラさんは再び歩く練習を始め、現在は自宅で定期的に理学療法を受けているという。

なお今回の事故はイギリスドキュメンタリー番組『999: Critical Condition』で放映されることが決定し、1月20日の同番組に出演したカーラさんは現状についてこう語っている。

「私に起きたことを考えれば、かなり良くなったと思います。先日は10キロのウォーキングもできました。担当医はとても落ち着いて私を安心させてくれたので、彼らに任せておけば大丈夫だと思いました。本当ならば命が無かったかもしれないのに、私を救ってくれて元の状態に戻してくれたんです。本当に驚きましたし、感謝しています。」

自転車に乗ったり、ウォーキングをするなど以前やっていたことにまた挑戦したいと思っています。でも崖には登りません。ただ外に出て冒険をして、仕事にも復帰できたらいいなと思っています。」

画像は『Liverpool Echo 2022年1月21日付「Woman’s desperate words to boyfriend before horror waterfall plunge」(Image: Handout)(Image: University Hospitals of North Midlands NHS Trust)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト