映画「レザボア・ドッグスMr.ブロンド役や「キル・ビル」バド役などで知られる俳優マイケル・マドセン(64歳)の息子、ハドソン・マドセン(26歳)が、ハワイのオアフ島で遺体で発見された。死因は自殺とみられている。

ホノルル検察局のスポークスパーソンは「ハドソン・リー・マドセン、26歳がオアフ島で頭部に撃たれた銃弾1発により死亡しました。自殺の疑いがあります」と、ザ・サン・オンラインに話している。

フェイスブックプロフィールによると、ハドソンは同島のワヒアワ地区で妻と暮らしていたという。

遺族の代理人はザ・ブラストにこう話している。

「私達はハドソンを失ったことで、悲嘆に暮れており、計り知れない悲しみと痛みの中にあります」
「彼の記憶と光は彼を知り、愛した人々全てから思い出されることでしょう」「この困難な時にプライバシーの尊重をお願いいたします」

アメリカ陸軍に従事したハドソンは、1992年作「レザボア・ドッグス」を監督したクエンティン・タランティーノゴッドファーザーにもなっていた。