ドイツフランクフルトに拠点を置くCrytek1月26日(水)、同社が開発するSF一人称視点シューティングFPSゲームCrysisについて、次回作Crysis 4(仮称)』制作に着手していると発表した。最高経営責任者(CEO)を務めるAvni Yerli氏の声明文によると開発は初期段階にあり、同社の採用サイトでアート、デザインおよびプロジェクト管理に関する開発スタッフの応募を受け付けている。

 また、発表ではPvPvE【※】一人称視点シューティングゲームHunt:Showdownへ関する新たな発表を2022年以降に計画しているとの情報も伝えられた。

【※】PvPvE:総称は“Player vs Player vs Environment”。モンスターをはじめとする環境要素を含めたプレイヤープレイヤーの戦闘システムを指す。

 『Crysys』は、さまざまな機能を搭載した強化スーツの一種「ナノスーツ」を装備した兵士とエイリアンをはじめとする敵対勢力の闘いが描かれたシリーズ作品でである。本シリーズは当初エレクトロニック・アーツ(EA)が販売元を担当しており、これまでにはスピンオフ作品を含む4タイトルが発売されている。

 ただし、3つ目のナンバリングタイトルCrysis 3』2013)を発売した翌年の2014年以降は、従業員に対する賃金の未払いを理由として企業の再編とCEOの交代を実施。2020年以降はCrytekからの自社販売でCrysis Remasteredなどのリマスタータイトルを発売していた。

(画像はSteam『クライシス 3』より)
(画像はSteam『Crysis Remastered』より)

 『Crysis 4(仮称)』の続報について、Yerli氏は「開発の進捗にともなって詳細は順次発表していく予定」と述べた。本作や『Hunt:Showdown』に興味があれば、Crytekの公式Twitterアカウント@Crytek)をフォローしておくとよいだろう。

Crytek公式サイトの発表原文(英語)はこちら