今は昔の「ファースト・ドーター」

「若きビジネスウーマン」「大統領補佐官」として若い女性の憧れの的だったイバンカ・トランプ氏(40)の足元に火が付いた。

JBpressですべての写真や図表を見る

 米下院特別委員会委員長ニューヨーク州司法長官が真相究明の名目で召喚状を突きつけたのだ。

親の七光り」で、一度は世界の頂点に立ったイバンカ氏だが、今や「親の悪行」ゆえに足を引っ張られている。

 ドナルド・トランプ氏との結びつきは太く、強い。トランプ氏にとっては「この地球上で唯一耳を傾けるゼリグ*1」(トランプ前政権の高官)とすら言われてきた。

*1=ゼリグ(Zelig)とは、状況に順応できる日和見主義者。

 トランプ前政権では、夫のジャレッド・クシュナー氏(41、大統領上級顧問)と共にホワイトハウス入りした。

 大統領補佐官、新設の「経済イニシアチブ・起業促進部」(OEIE)の長として4年間、権力の中枢で縦横無尽の活躍をしてきた。こんな大統領の娘は過去にいない。

 外交面ではメラニア夫人を差し置いて「ファースト・ドーター」(大統領の娘)として国際舞台でも大活躍。トランプ氏の訪日の前には「露払い」役まで演じ、ちゃっかり自分のブランド商品を売り込んだりした。

 米中対立激化の今では考えられないことだが、訪米した中国の習近平国家主席夫妻を歓迎、娘たちに中国語の歌を歌わせたりした。まさに「ゼリグ」の面目躍如だった。

 それだけに敵も多かった。

 特に民主党は彼女を目の敵にしてきたようだ。

「彼女を執拗に追いかけてきた下院1・6米議会襲撃事件究明特別委員会」のバニートンプソン委員長

 一族経営「トランプオーガニゼーション」の所有不動産の資金価格不正操作疑惑を追及するニューヨーク州のレティシアジェームズ司法長官。

 共に民主党員だ。トランプ氏などは「いわれのない魔女狩りだ」と吐き捨てるように言っている。

 トンプソン氏もジェームズ氏も貧困層から這い上がった黒人公民権活動家出身だ(ジェームズ氏は名門出のアンドルー・クオモ・ニューヨーク州知事=民主党員=のセクハラ疑惑を追及し、辞任に追いやった立役者だ)。

CFOはすでに起訴

 米メディアは、トランプ氏が大統領になった直後から「トランプオーガニゼーション」の不正経理疑惑や、ホワイトハウスでのトランプ氏とその側近たちの「職権乱用」疑惑に関心を示してきた。

 その最たるものが「ロシアゲート疑惑」と「権力乱用容疑」だった。

 民主党が多数を占める下院では二度にわたってトランプ氏に対する弾劾決議案が可決されたが、最終的には共和党が多数を占める上院で二度とも否決された。

 その一方でトランプ政権下でも「トランプオーガニゼーション」の疑惑はぬぐい切れず、ニューヨーク地検は納税記録の提示を求めが、トランプサイドは、大統領特権を盾にこれを退けてきた。

 だが、トランプ氏退陣と同時に疑惑追及は日増しに強まった。辞めた前大統領には大統領特権は通用しなくなってきたからだ。

 ニューヨーク州司法省と連邦地裁マンハッタン地区検察が続けてきた捜査の結果、2021年7月、同社のアレン・ワイゼルバーグCFO(最高財務責任者)を脱税容疑で起訴した。

 トランプ氏周辺の外堀を埋めたわけだ。

 そして年明けとともにその疑惑追及は、同社副社長だったイバンカ、エリックトランプ両氏に向けられた。

最重要ポストの開発・不動産取得担当副社長

 ジェームズ司法長官からイバンカ氏に宛てた召喚状は115ページにわたり、これまでの捜査記録が克明に書かれている。

 召喚状と同時に州裁判所は関係書類を公表した。

 これによると、「トランプオーガニゼーション」は、2005年から2017年の間にローン、保険適用、税控除などで不当な利益を得るために詐欺行為や遺産評価虚偽を会社ぐるみで行っていたという「重要かつ動かしがたい証拠」があると指摘。

 具体的にはイバンカ氏が2017年2月までの期間、同社の開発・不動産取得担当副社長だったことから以下のような疑惑について回答できる「重要証人」だとしている。

一、同職上、同社の貸金業者だったドイツ銀行とは、イバンカ氏は主要な接点であり、同社のカネの流れを一番知っている。

一、同社は2012年ニューヨークウエストチェスター郡のコンドミニアム売買(「トランプ・ソーホー・プロジェクト」)の際、時価2900万ドルから5000万ドルだった物件を1億6100万ドルで売却、しかも同物件は当時州当局からの認可が下りておらず、「売買保留中」だった。明らかな詐欺行為である。

 イバンカ氏はこの召喚状に対して一切のコメントをしていない。

 ジェームズ氏は2021年エリック氏に対しても召喚状を出し、エリック氏はこれに応じたが、事情聴取では憲法修正第5条(大陪審・二重の危険・適正な法の過程・財産権の保障などを明記)を適用して回答を拒否している。

 イバンカ氏も父親の「大統領特権」が行使できない以上、エリック氏と同じ対応をとるものとみられる。ジェームズ氏はおそらく「民事是正措置」(Civil Remedial Action)をとるのではないかと見られている。

https://www.latimes.com/opinion/story/2022-01-22/ivanka-trump-january-6-committee-testify

イバンカ:「マイク・ペンスは善人だわ」

 もう一通の召喚状は、トランプ氏と2021年1月20日の米議会襲撃事件との関わり合いをめぐる「前大統領補佐官」としての証言を求められたものだ。

 彼女の宣誓証言の内容いかんでは、トランプ氏がトランプ支持の暴徒に襲撃を教唆したことにもなりかねない。

 イバンカ氏は2021年1月6日の襲撃事件当日、大統領補佐官として大統領執務室にいた。

 トランプ氏は支持者たちがホワイトハウス周辺で行われた集会後、議会に向かって歩き出している画像を食い入るように見ていた。

 議会内にいるマイク・ペンス副大統領に電話を入れる。ペンス氏は憲法に則って全米各州から集められた選挙人の集計受諾をする寸前。

 この電話のやり取りを側で聞いていた人物は、イバンカ氏のほか、マーク・メドウズ大統領首席補佐官、ケイリー・マクナニー大統領報道官、キース・ケロッグ副大統領国家安全保障担当補佐官だった。

 下院特別委員会は、事情聴取したケロッグ氏の情報を基にこう記している。

 トランプ氏はペンス氏にこうまくし立てた。

マイク、君は難しい決定をするだけの勇気がないのか。マイク、今君がやろうとしていること(選挙人投票の最終集計のこと)は間違いだ。君には(妨害することが)できる』

「君を頼りにしているぞ。もしそうしないなら、俺は4年前に(副大統領に)誤った人間を選んだということだ。君は怖気づいてしまうのか」

 イバンカ氏はケロッグ氏の方を向いて「マイクは、善人だわ」と言った。

 ホワイトハウスの法律顧問は、もしペンス氏がトランプ氏の言うことを聞いていたとしたら、憲法違反であると結論づけていた。

トランプ氏は暴徒を唆したのか

 ジェームズ氏はこの電話のやり取りについてイバンカ氏に確認をとりたいはずだが、それ以外にもっと聞きたいことがあるようだ。

一、トランプ氏は襲撃にどのような反応を示したのか。数人の人間がトランプ氏に執務室から全米向けテレビ演説をするよう促したようだが、トランプ氏は何と言ったのか。

一、イバンカ氏はトランプ氏を説得できる唯一の人物とされているが、イバンカ氏が数回にわたり襲撃をやめるようトランプ氏に言った時、同氏は何と言ったか。

トランプ氏がネットで襲撃をやめ、家に帰れと発信したのは午後4時17分。イバンカ氏の説得の2時間後だったとされている)

一、鎮圧のため州兵の出動命令が出されたが、トランプ氏はいつ、命令を下したのか。

一、議会襲撃事件以後、トランプ氏はホワイトハウス職員に緘口令を敷いたか。

トランプ氏のブレーンであるフォックスニュースアンカーマン、ショーン・ハニティ氏はマクナニー氏に「大統領大統領選挙はバイデン民主党に盗まれた、とは言うな、と伝えろ」といったとされる)

https://www.npr.org/2022/01/20/1074397162/the-jan-6-panel-wants-to-talk-to-ivanka-trump

召喚に応じれば、聴聞会は2月3日か4日

 イバンカ氏は2021年12月、四十路になったばかり。結婚13年目、3児の母親。「四十不惑」であるべき人生は暗転、薄氷を踏むがごとき日々が待ち構えている。

 イバンカ氏にとっては叔母に当たる、臨床心理学者で伯父ドナルド氏の政治を批判してきたメアリートランプ氏は、MSNBCとのインタビューでこう助言している。

「かつて大統領補佐官として国民のために働いた人間として、議会で証言するのは当然のことだ。聡明なイバンカなら、そう考えると思う」

「忠誠心は父親にではなく、国家・国民に対して示すべきだ」

 トンプソン氏は、イバンカ氏が召喚に応じれば、早ければ聴聞会を2月3、4日に開くことを予定している。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  全米覆うオミクロン禍、トランプ置き土産で収拾のメド立たず

[関連記事]

NBAオーナーが爆弾発言「ウイグルなんて大したことない」

アンドルー英王子のセクハラ裁判開始に頭抱えるバイデン大統領

自身が所有するマイアミの超豪華コンドミニアムの庭を家族と共に散策するイバンカ氏(1月15日、写真:The Mega Agency/アフロ)