中国には「日流」や「韓流」という言葉があり、日本のアニメや韓国のドラマアイドルグループなどを好む人が一定数いるが、中国の音楽やドラマなどが海外で流行したというのはあまり聞いたことがない。中国のQ&Aサイト知乎にはこのほど、「どうして中国は日本や韓国のように文化を輸出できないのか」と題するスレッドが立てられ、中国人ユーザーらに意見を求めている。

 スレ主は、中国は今や世界2位の経済力を手にしたというのに、なぜ中国は日韓のように文化を輸出できないのか、と疑問を投げかけている。北京出身のフェイ・ウォンのように、日本でも人気が出た歌手はいるものの、香港に移住してからデビューしているので純粋な中国発とは言えないとした。

 この質問に対して、中国にも海外で人気となった文化はあるとして「中国にはブルース・リーがいる」という中国人ユーザーや、「なんじ欲せざるところ人に施すことなかれ」で有名な孔子の教えをあげた中国人ユーザーもいた。しかし、わずかな代表作品で長期的に文化輸出するのは困難だという声や、文化輸出するなら受けが良く分かりやすいものが良いとの意見もあった。

 かといって、「受けの良さを追求したのでは韓国の二番煎じでしかない」という声も多かった。中国では「韓国は国を挙げて文化輸出したので成功した」が、「日本文化のように、海外に良さが伝わって自然と流行り出した」というのが文化輸出の理想だとの見方が多いようだ。ある中国人ユーザーは、「金は常に輝いているが、鉱山から自分で出てくるわけではなく、金そのものの価値に引かれて採掘者がやって来る」ということわざを使いつつ、やはり日本式の文化輸出こそ理想とすべきだと主張した。

 中国人の間では、文化輸出で日韓に遅れたという焦りはあまりなく、広まるときには日本のように広まるし、そうでなくても別に良いと思っている人が多いのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

中国は文化輸出で出遅れた? 「文化輸出は日本が理想」との声も