image:秒刊SUNDAY

スーパーなどに買い物に行った際、「鳳梨」はパイナップル、「柘榴」はザクロ、「舐瓜」はメロンなど海外由来の果物は、カタカナ表記されることが日常生活で多いですよね。今回は果物の難読漢字の中でも頭を悩ます問題を厳選し、クイズ形式でご紹介いたします。ぜひ、脳トレ感覚で楽しみながら、全5問チャレンジしてみてくださいね

【1】麝香猫果

「麝香猫果」は読めますか?名前に猫という漢字が入っているのが気になりますね……。

ヒント】果物の王様といわれています。独特な香りのする果物で日本では高級なイメージがあります。Amazon通信販売されているこれは、1玉2キロ程度で6,415円(2022年1月時点)から販売されています。

答え:麝香猫果(ドリアン

キワタ科の常緑高木。麝香猫(じゃこうねこ)のような香りを持つ果物であることから。

ドリアンですが、強烈な匂いがあり、特に海外では航空会社が飛行機内へ持ち込みを制限していたり、ホテル、車内への持ち込みが禁止されているところもあるようなので、気を付けましょう。

【2】葡萄柚

image:秒刊SUNDAY

「葡萄柚」は読めますか?もちろん、ぶどうゆずではありませんよ!

ヒント】葡萄(ぶどう)という漢字が入っていますが、葡萄ではありません。酸味があり、柑橘類爽やかな香りがするものといえば?

答え:葡萄柚(グレープフルーツ

ザボンの一種。果実が枝にブドウのような房状につく。ふつう果皮は黄色で、多汁。米国カリフォルニアで栽培。

引用:漢字・熟語検索サイト

グレープルーツにグレープ(葡萄)という名前が付く理由も分かりましたね。

【3】映日果

image:秒刊SUNDAY

「映日果」は読めますか?えいにっか、ばえにちかではありません。

ヒント】そのまま食べたり、ジャムでも美味しい果物。別の漢字もあり、一般的には「無花果」が使われることが多いです。一熟とも書きます。

答え:映日果(イチジク)

【4】万寿果

image:秒刊SUNDAY

「万寿果」は読めますか?

ヒント】南国フルーツで、フルーツとして食べられたり、未完熟の青〇〇〇〇は、野菜として食べられることも。「蕃瓜樹」「乳瓜」という別漢字もあります。

答え:万寿果(パパイヤ)

【5】榠樝

image:秒刊SUNDAY

「榠樝」は読めますか?

ヒント】バラ科の植物で、この果物のお酒や砂糖漬けも人気です。一般的には、「花梨」と書かれることが多いです。

答え:榠樝(かりん

今回は果物の難読漢字でしたが、全問読めましたか?初めてみる漢字もあったかもしれません。果物の難読漢字は数多くあるので、調べてみると新しい発見があるかもしれませんよ。

「竜髭菜」は読めますか?果物も難しいですが、野菜も難読漢字ぞろいですよ。

Source:コトバンク/漢字・熟語検索サイト



画像が見られない場合はこちら
「麝香猫果」は何と読む?読めたらすごい!果物の超難読漢字5選