ピーターロビンスが死去した。65歳だった。人気コミックピーナッツ」のアニメ作品で、スヌーピーの飼い主チャーリーブラウンの声優を務めた最初の俳優として知られるピーターが、先週遺体で発見された。1月25日、遺族がFOX5に話したところによると、死因は自殺だったという。

ピーターは9歳だった1963年チャーリーブラウンの声優として子役デビュー。その後、数々の「ピーナッツ」作品に出演したほか、60年代から70年代にかけてドラマでも活躍した。

双極性障害を患っていたピーターは、2015年サンディエゴ郡保安官を含む数人を脅迫した件で有罪判決を受け、懲役5年を言い渡されていた。

2019年に酒や薬物を取らず、アンガーマネジメントの講習を受けるという条件で釈放されたピーターは、その後更生し、メンタルヘルスの問題を抱えている人々に「専門家の助け」を求めるよう呼び掛けていた。