音楽評論家で作詞家の湯川れい子が、新型コロナウイルスに感染した。1月27日、所属事務所ホリプロが発表した。

発表によると、湯川は1月22日に発熱。23日に市販のPCR検査キットで調べたところ、陽性を確認した。そのため、改めて同日医療機関にてPCR検査を受検。27日に陽性との報告を受け、新型コロナに感染と診断された。

現在も発熱の症状が残っており、自宅療養している。