太ももの筋肉を持たずに生まれたスコットランド在住の6歳少女が、ついに自分で歩くことができるようになった。英国の医師からは「一生歩くことができず、車いすでの生活になる」と告げられていた少女だったが昨年、アメリカの医師によるセカンドピニオンを受け、ポーランドで手術を行った。少女は今では一日に50歩から100歩ほど歩くことができるようになり、子供では世界初の成功例になったことを『The Mirror』『Edinburgh News』が伝えた。

スコットランドウェスト・ロージアンに暮らすアラベラ・グリーンちゃん(Arabella Green、6)は、大腿四頭筋を持たずに生まれた。また先天性関節拘縮症を抱えているため、手や脚、指を曲げることができずにいた。

そのため英国の医師に「一生歩くことができず、車いすで過ごさなければならない」と告げられたが、昨年10月ポーランドの病院で手術を受けた結果、今年になって初めて自分の足で歩くことができるようになったのだ。

父親のウィリアムさん(William、36)は、これまでの経緯についてこう明かしている。

「英国での治療や手術には限界があって、私たちはずっと海外で治療を受けたいと考えていました。そして子供の整形外科分野で多くの成功実績を持つアメリカの医師、フェルドマン博士(Dr. Feldman)にセカンドピニオンを求めたところ、ポーランドの『ペイリーヨーロッパ研究所(Paley European Institute)』で診察を受けることができました。その結果、手術と6週間のリハビリをすれば歩けるようになると言ってくれたのです。」

だがその手術を受けるためには12万5千ドル(約1400万円)が必要だったため、ウィリアムさんはクラウドファンディングサイト「GoFundMe」にページを立ち上げて支援を募ることにした。すると3万ポンド(約460万円)以上の寄付が集まり、さらに寛大な支援者から5万ポンド(約770万円)の寄付があったおかげでポーランドでの手術が実現したという。

「私たちは昨年10月17日ポーランドに渡り、アラベラは25日に手術を受けました。そして12月16日には理学療法士の助けを借りて初めて歩くことができたんです。そして今年1月8日には歩行器を使ってひとりで歩くようになり、帰国した14日にはコツを覚えたように歩くことができるようになりました。」

そのように振り返ったウィリアムさんは、現在のアラベラちゃんの様子について次のように語った。

「今では毎日50歩から100歩のペースで歩いています。娘には大腿四頭筋がないので、膝、足首、足を挟んで使用するサポーターを装着して脚を支えています。とても体力を使うので一日のうち2時間ほどしか起きていませんが、元気にしていますよ。アラベラはこれまでどんなに辛いことがあっても笑顔を絶やさず頑張ってきました。昨年3月、アラベラの治療を受けられるよう苦闘した末に妻のキャサリンCatherine)が自ら命を絶ちました。私は娘のためだけでなく、妻の努力を無駄にしないためにも歩けるようになってほしいと願っていました。手術は大成功で、娘が立って歩く姿を見ることができて本当に嬉しいですし、とても誇らしく思っています。私たちを助けてくれた人々に心から感謝しています。」

2月25日には再びポーランドに向かう予定だというウィリアムさん親子。アラベラちゃんは一日2時間の集中的なリハビリを6週間受けることになっているそうだ。

画像は『The Mirror 2022年1月24日付「Six-year-old girl is first child in the world to walk without quadriceps muscles in legs」(Image: SWNS)(Image: Stuart Vance/ReachPlc)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト