こんな酷い事件があっていいのか-。ニュースに接して、義憤に駆られた方々も多いのではないでしょうか。

 1月23日のことでした。栃木県を走るJR宇都宮線の車内で、飲食店従業員の28歳男性が加熱式たばこを吸っていたところ、高校2年生の男子が「たばこを吸うのをやめてください」と注意をしました。すると男性は逆ギレ高校生の顔の骨を折り、傷害の疑いで逮捕されたのです。

・今すぐ読みたい→
「ザ・ノンフィクション」の婚活特集はなぜこんなにバズったのか https://cocokara-next.com/lifestyle/the-nonfiction-marriage-activity/


 報道によれば男性は「相手がケンカを売ってきたのでやり返しただけ」と話しており、また高校生にはぜんそくの持病があったため、受動喫煙を避けたいと注意していたことも判明しています。

 最近、電車内におけるトラブルが事件に発展することが増えています。いつ何時、一般市民も巻き込まれるか、不安は募るばかりです。

 遭遇した場合の最適解はあるのでしょうか。

 「勇気を振り絞った高校生は立派だと思いますが、自ら直接やりあうのは得策ではないと言わざるを得ません」

 そう話すのは豊富な事件取材歴を誇る一般紙の社会部記者です。このように続けます。

 「そもそも現代において、電車内で喫煙している時点で、まともな思考の持ち主ではありません。言えば分かる人なら、最初からやりませんよ。情けない話ですが、こういうヤバい人に遭遇したら、まずは別の車両に移ることを勧めます。その上で、駅員や警官などの専門家に『電車内で喫煙している人がいる』と報告するなど、危機管理の訓練を受けた方に託すのがベターでしょう」

 逃げるのは果たしてどうなのか?容認することとイコールではないのか?そんな問いに記者は断言するのです。

 「極端に言えば、その無法者は刃物を持っているかもしれない。繰り返しますが、まともな思考ができる状態にないわけです。正々堂々と注意したところで、返り討ちに遭っては最悪、命を落とすことになる。そんな人を相手に大切な生命を危険に晒す必要は全くありません。距離を置く。同じ空間にいないようにする。あの昭和のスーパースター力道山でも、刃物を持った暴漢にはかなわず、刺されて亡くなりました。弱虫かもしれませんが、生きること以上に優先することはないはずです」

 コロナ禍で誰もが強いストレスを抱えながら日々を送る今日この頃。「君子危うきに近寄らず」という孔子の言葉をかみしめ、安心安全な暮らしを過ごしていきたいものです。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「電車内喫煙男」に遭遇したら実際どうすればよいのか