Ubisoft1月28日(金)、FPSゲームハイパースケープ』サービス4月28日(木)をもって終了すると発表した。

 『ハイパースケープ』は2020年の8月からPS4Xbox One、PC(Epic Games Store、Ubisoft Connect)で正式サービスを開始した、基本プレイ無料のマルチプレイFPS。最大100人のプレイヤーがひとつのマップに集まり戦う、バトルロイヤル形式ゲームモードメインコンテンツとなる。

 特徴として、武器だけでなく特殊能力「ハック」マップ中で集めていく点が挙げられる。ハックには瞬間移動や透明化、回復などポピュラーな能力から、キャラクター自身がボールになるといったユニークなものも登場した。

 キャラクターごとの性能差はなく、同じ武器や同じハックを複数集めることで「融合」し、戦闘能力を向上させていく形式をとる。

(画像はUbisoft公式ブログより)

 2021年3月にはシーズン3が開幕。マップ「ネオ・エルカディア2.0」へと一新され、新たなハックも実装されるなどコンテンツ拡張への取り組みがみられたが、今回、リリースから1年半ほどを経てサービス終了となることが明らかにされた。

 『ハイパースケープ』の開発およびゲームサービスの提供は4月28日(木)をもって終了。サービス終了にともなう不明点などについては「Ubisoft Help」から問い合わせが可能だ。

『ハイパースケープ』公式ニュース「ハイパースケープの今後について」はこちら