「特に人文系の博士は低所得」な日本社会についての報道がありました。

 元ネタは、文部科学省傘下の科学技術・学術政策研究所が出したこのレポートなんですが、2018年度に博士課程を修了した男女3,800名あまりにヒヤリングした結果、人文系博士は社会に出てもツブシが効かず、はした金で雇われている実情が露わになっています。

「『博士人材追跡調査』第4次報告書」の公表について(科学技術・学術政策研究所)
https://www.nistep.go.jp/archives/50303

いくつになっても学ぶことは大事

 他方、先日のTwitterでは「大学院に通う主婦」に対して「亭主が稼いだ金で妻が育児を放り投げて大学院に通うのはカルチャーセンター状態だ」的な反応が出て、そこにさらに「学びたい人は誰でも大学院へ」と教育関係者が広く学問を呼びかけるツイートに反響が集まるなど、学ぶことと学ぶ人のあり方について興味深い議論があったわけなんですよ。

 かくいう私も、2014年から東京大学政策ビジョン研究センター(現・未来ビジョン研究センター)で社会保障論の客員研究員をやり、また2019年からは46歳にして新潟大学大学院博士前期課程に進学して個人情報保護法や、FATF勧告などを扱う犯罪収益移転防止法について研究しています。いくつになっても学ぶというのは大事なことだし、学んで研究したことを論文にしたり問題点を政府に指摘して嫌がられたりするのは「社会や人生をより良くするために学ぶ」という大事な所作だと思うんですよ。

ベルトコンベアー式進学を経て就職する「消極的選択世代」

 また、幼稚園保育園入園から高校・大学卒業、就職ぐらいまでは、ベルトコンベアーに乗っかっているというか、自分の意志というより「みんなが進学するから」「大学に行こうとすると、多くの人が受験をするので、自分の偏差値を見ながら入れそうなところを受験する」という、受け身の選択をするケースが多いと思うのです。

 果ては、みんなが就職活動を開始したので自分も良いところに入社できるよう頑張るという雰囲気になり、別段生きてきて入りたい会社とも思っていなかったところの入社志望動機を考えて捻り出す作業までやるわけです。20代ぐらいまでは、社会の中でできているレールの上を、悩みながらも消極的な選択肢を選び続けることで、なんとかなっていく人生だろうと思います。

結婚、30歳を過ぎの転職、そして「学び続けること」

 どうにもならなくなるのは、結婚と、30歳を過ぎてからの転職、そして大学院進学だと思うんですよ。自分が生き物であると認識して、子孫を残したい、子供を儲けたいというのも大きいだろうし、好きな女性と巡り合って生涯の愛を誓えるかどうかは、ベルトコンベアーの先にはありません。自分から手を伸ばして異性と巡り合い、手を取り合って結婚の扉を開きにいかなければならない。

 また、30代になれば社会の構造もなんとなく分かってきて、いまのまま働いていていいのか、この賃金でやっていって大丈夫かという疑問が湧く人も増えてくる。転職も35歳以上になるとステップアップもむつかしいぞとなって、同業他社や新しい業界に飛び込むのもラストチャンスとばかりに転職を決断する人も出てきます。

 他方、大学院で学ぶというのは、明確な利益があったり、興味があってどうしてもそれを体系的に学びたいという動機がないと、なかなか一歩を踏み出すことができません。社会人大学院は特に、働き手としてのキャリアを中断し、会社が負担してくれないならば自分の身銭を切って大学の門を叩き学びにいく必要があります。

カネになる学問・ならない学問

 身の回りに医師や弁護士、技術者が多く、彼らをして「単に日常的な仕事で得られる知識には限界があるから」とダブルライセンスを取りにきたり、さらに専門性を磨くために大学院で学んでいる人も少なくなく、頭が下がります。

 日本社会はそういう「一生をかけて学び続ける」ことの大事さ、それを讃える社会にしていかないといけないよね、という理想は私も共感します。お前ら興味本位でもいいから大学行って学ぼうぜ。

 ただ、冒頭の調査レポートのように、現実は厳しい。端的に言えば、カネになる学問とそうでない学問があります。建前では学問に貴賎はない、どの分野も立派な学識を養えるのだと言われますが、払うお金や使う時間を考えれば、やっぱり就職や転職のようなキャリアにつながる学問で博士号を取得したほうが良いと判断されるのは当然かもしれません。

 また、年齢を重ねてからの大学院は、私もそうですが「じゃあ、その知識を使って何年現役でいられるんだ」となりますし、何より「学んで終わりではなく、その分野の事情について生涯かけてアップデートさせていかないと学んだ意味がない」という、その学問分野へのコミットもすることになります。金にならない学問でそこまでやるのは大変だ。

 とりわけ人文系で、文学や政治学、民俗学、比較文化、法律の中でも憲法学といったジャンルは、学問としてかなり奥深く興味深い分野であるにもかかわらず、その難解さや面白さに見合った仕事がないのが現実です。それなら英会話学校に通って、字幕なしで映画観られるほうがまだ生産性が高いんじゃないかって思うようなことすらある。

大学は、世間知らずで人間的に変わった人の巣窟

 また、私が以前相談されてお付き合いしていた大学では、教授、准教授以下が学界での立場を守るボス的役割に腐心していて日本の学問領域が硬直化してしまい、より先進的で自由な研究を行う海外勢に押されっぱなしで大変に無能な世界もあります。せっかく学びに行っても、日本国内でもまともに通用するかわからんような知識をいくら詰め込んでも無駄だと感じる人が出るかもしれません。

 また、まともな研究者が素晴らしい教育者とは限りません。まともに研究していると、大学の雑務もあってさらに産業界から金を集めて研究資金を調達するというミッションもあるため、ちょっと学んでみようという半端な気持ちの大学院生をいっぱしの研究者、技術者に育て上げること自体が難しかったりもします。

 何より、大学の世界は私が見ても世間知らずで人間的に変わった人の巣窟であるため、ちょっと信じられないような行動を取る人たちがたくさんいます。コンプラの世界でも世間一般ではちょっとないなと思うようなアカデミックハラスメントが横行していて、大学のはずが動物園のようになっているケースすらもあります。

知識を持つ人を大切にする社会に

 それでも、いかなる環境でも適切な学びを理想高く持ってやっていくことは大事だと思うんですよ。稼げない学問領域に関心があるのであれば、指導教官となる教授とも話し合って、時間をかけて学び、論文を書けば良い。そういう単にネットで調べたり本を読んだりと雑然とした知識を頭の中に放り込むだけじゃなく、体系的な学びにある程度社会経験のある人が取り組むのは価値のあることだ、と。

 潰しの効かない学問をやり、博士課程を卒業し、それで食えないというのは、そのような人材を遇することのできない我が国の産業界の発想の貧困かもしれないし、もう少し、社会的に博士ほか知識を持つ人を大事にする風土になれば良いなと思います。カネになる大学院は国内MBAだと意識高く頑張っている人にとっても、好きな作家が生きた時代背景に思いを馳せ豊かな文化の土壌を形成するのも、人としての大事な役割でしょうからね

 どうせ人生は死ぬまでの暇つぶし。ある程度の時間と金が自由になるなら、皆さんも自らの学びに命を捧げてみませんか?

(山本 一郎)

©️iStock.com