GENDA SEGA Entertainment1月28日(金)、自社株式を14.9%取得し、社名をGENDA GiGO Entertainmentへ変更すると明かした。あわせてSEGAブランドで運営しているゲームセンターなどのアミューズメント施設もGiGOへの改名が発表。2022年3月より約1年半をかけて店舗名を順次リニューアルする方針だという。

(画像は「GENDA」公式サイトより)

 アーケードゲーム事業を展開しているGENDAは、コロナ禍で業績の低迷していたセガ エンタテインメントの株式85.1%を2020年12月に取得。同時に社名をGENDA SEGA Entertainmentへと変更し、同社の手がけるゲームセンター事業などを買い取っていた。

 その後も施設の名称として「SEGA」自体は継続していたものの、1月28日の株式取得で持株比率が100%となったのを機に、56年続いたブランドネームを一新することが明かされた

SEGA」池袋店(画像はセガのお店情報サイトより)

 今回の変更にともない、取締役からはセガサミーグループに所属する吉澤秀男氏が退任。取締役会長を務めるGENDA片岡尚氏はツイートを投稿し、これまで「SEGA」ブランドが築いてきた歴史に感謝の言葉を伝えた

 また同氏は、「GiGO」が「Get into the Gaming Oasisゲームオアシスに飛び込め!)」の略称に由来することを説明。今後は人々のオアシスとなるようなエンターテイメントを全国へ向け提供していきたいと抱負を述べた。

GENDA「本記事に関する発表ページ」はこちらGENDA公式サイトはこちら