特定非営利活動法人イシュープラスデザイン1月28日(金)、オンラインゲームプログラム認知症世界の歩き方 Play!』リリースした。

 本プログラム認知症とともによりよく生きる未来」を創ることを目的に活動する、認知症未来共創ハブとの協働で開発されたもの。実際に認知症をもつ方へのインタビューをもとに、彼らの見ている世界を描いた書籍認知症世界の歩き方』に基づいてデザインされている。

 ゲームすごろくの要領で「認知症世界」を旅していくものとなっており、乗るとだんだんと記憶をなくすミステリーバス」や、誰もがタイムスリップしてしまう住宅街「アルキタイヒルズ」といったスポットが登場する。

 各スポットでは、計190種類以上にもおよぶ困りごとやイベントが発生。また、スポットの概要をアニメーション動画で楽しめるストーリー13本用意され、認知症のある方が日常的に体験するできごとを、自ら味わうこととなる。

 旅の途中で同じスポットに止まった仲間とはボイスチャットテキストチャットによる会話も可能で、手元にあるカードを活用しながら感想などを共有しあえるようだ。

 「認知症世界の歩き方 Play!」のオンライン体験会は2月9日(水)から4回にわたって開催予定。インターネット回線に接続できるPCが1台あれば、どこからでも参加することができる。イシュープラスデザイン公式サイトにて、現在参加申し込みを受付中だ。

『認知症世界の歩き方 Play!』紹介ページはこちら

プレスリリースの全文は以下のとおり。


大人気書籍『認知症世界の歩き方』がゲーム化!認知症ご本人の視点で認知症世界を旅するオンラインゲーム型プログラム「認知症世界の歩き方 Play!」をリリース。

2021年9月15日に発売した『認知症世界の歩き方』は発売翌日に重版が決定し、現在では第11刷計11万部を突破。Amazon総合ランキング3位にもランクインするなど、異例の売れ行きを記録している。

特定⾮営利活動法⼈イシュープラスデザイン(所在:東京都千代⽥区 代表:筧 裕介)は、産学官連携による「認知症とともによりよく生きる未来」を創る活動体・認知症未来共創ハブとの協働により、認知症のある方ご本人の視点で認知症に関する知識の習得・理解を深めることを目的としたオンラインゲームプログラム認知症世界の歩き方Play!」をリリース2022年1月12日を皮切りに、オンラインでの体験会を開催。

■要約

・特定非営利活動法人イシュープラスデザインが、認知症ご本人の視点で認知症世界を旅するオンラインゲームプログラム認知症世界の歩き方 Play!」をリリース

・本プログラムは、学官連携による「認知症とともによりよく生きる未来」を創る活動体・認知症未来共創ハブとの協働により開発・提供。

2022年2月9日(水)からプログラム提供開始、申し込みは本日より開始。
インターネット回線に接続できるパソコン一台あればどこからでも参加可能。

・医療・福祉・介護現場、自治体、民間企業向けには、本プログラムを活用した研修を提供。

■認知症世界の歩き方Play!とは?

プレイヤーは「旅人」になりきり、すごろくの要領で認知症世界を旅をします。旅の中では、認知症のある方が日常的に体験する出来事を体験し、暮らしを豊かにする地域の資源や人とのつながり、お役立ちアイテムを知ることで、「認知症とともに生きる」ことを本人視点で学ぶことができます。

この世界にはちょっと不思議なスポットががあなたを待ち受けています。
・乗るとだんだん記憶をなくす「ミステリーバス」
・だれもがタイムスリップしてしまう住宅街「アルキタイヒルズ」
イケメンも美女も、見た目が関係ない社会「顔無し族の村」

旅の中で起こるさまざまなハプニングを乗り越え、あなたらしい暮らしの実現を目指しましょう!

ゲームプレイ中のホーム画面ゲームプレイ中のホーム画面

ルーレット画面ルーレット画面

■「認知症世界の歩き方Play!」の3つのポイント

1:映像を通じて認知症の方から見えている世界を体験!

認知症世界のちょっと不思議なスポットをアニメーション型動画で楽しむことができます。ストーリーは全部で13本。あなたはゲームの中にどのスポットに立ち寄ることができるでしょうか?

2:各スポットで遭遇する困りごとやイベントは190種類以上!

ルーレットを回して移動した先のスポットでは、認知症のある方が実際の暮らしの中で経験する出来事に遭遇。大変なこともあれば、嬉しい出来事や新たな出会いも。

3:カードを使いながらボイスチャットリアルタイムに対話!

旅の途中で、同じスポットに止まった仲間とはオンライン上で会話をしながら、手元にあるカードを活用しながら、お互いの状況や感想を音声で共有できます。

■「認知症世界の歩き方 Play!」を活した研修プログラム

医療・福祉・介護現場、自治体
プログラムを活用した研修「認知症世界の歩き方 カレッジ for Public」を提供しています。自治体における認知症フレンドリーなまちづくりや、医療・福祉・介護関連の事業者が抱える認知症のある方の暮らしの環境改善に取り組む機会を創出します。

関連する民間企業
プログラムを活用した研修「認知症世界の歩き方 カレッジ for Business」を提供しています。認知症のある方やその家族を対象とした、認知症フレンドリーな商品・サービス・空間等の事業開発/改善に取り組む機会を創出します。

■ 書籍『認知症世界の歩き方』とは

ゲームプログラムは大人気書籍『認知症世界の歩き方』(筧裕介著・ライツ社)を基づいて設計・開発されています。認知症未来共創ハブがプロジェクトで実施をした約100名の認知症のある方へのインタビューを元に、「認知症のある方が実際に見ている世界」をスケッチと旅行記の形式で紹介。ご本人の視点で認知症のことを楽しみながら学べる一冊になっています。

発売翌日から重版が決定し、現在では第11刷計11万部が発刊。2021年11月9日にはAmazon総合ランキング3位にランクインし、認知症当事者やご家族から、医療・介護・福祉従事者等の専門職まで広く読まれている書籍です。

書籍購入リンク
https://issueplusdesign.jp/dementia_world/book/

発売即重版、9刷9万突破。応援の声をぞくぞくいただいています。発売即重版、9刷9万突破。応援の声をぞくぞくいただいています。

■ 認知症世界の歩き方Play!概要

名称:認知症世界の歩き方 Play!
主催:特定非営利活動法人イシュープラスデザイン

共催(監修):認知症未来共創ハブ

参加費:3,000円
リリース日:2022年1月28日(金)
詳細:https://issueplusdesign.jp/dementia_world/college/play/

■ 体験会について

詳細・申込み方法はこちらをご覧ください。
https://issueplusdesign.jp/dementia_world/college/event/
各回日程
2022年2月9日(水)19:00-21:30
2022年2月19日(土)10:00-12:30
2022年3月15日(火)19:00-21:30
2022年3月5日(土)10:00-12:30

『認知症世界の歩き方 Play!』紹介ページはこちら