かつての総理大臣経験者としては、あまりに軽率な投稿だったと言わざるを得ません。

 立憲民主党菅直人元首相は1月21日の午前中、自身のツイッター橋下徹氏に言及。こんな書き込みをしたのです。

 「主張は別として弁舌の巧みさは第一次大戦後の混乱するドイツで政権を取った当時のヒットラーを思い起こす」

・今すぐ読みたい→
「電車内喫煙男」に遭遇したら実際どうすればよいのか https://cocokara-next.com/stress/coping-strategy-dangerous-person/


 このツイートのどんな点が問題だったのでしょうか。一般紙の政治記者は言います。

 「ヒトラーが率いるナチスドイツ第二次世界大戦中に行ったホロコーストなどの悪行を踏まえれば、簡単に引き合いに出すことが果たして正しいのかは疑問が残ります。菅元首相がこのような投稿をした背景には、野党としての存在感を維新に奪われていく、立民の焦りを感じざるを得ません」

 現在の政界を眺めてみれば、岸田新総理が着々と政権基盤を固め、支持率をアップさせています。本来ならば政権に対して正々堂々とチェック機能を果たせる、健全な野党の存在が求められますが、立民は先日のネットメディアCLP」に資金提供していた問題でも逃げ腰が目立ち、泉健太代表も「我が党の調査は終了した」と幕引きを図るなど、最近は支持者の期待すら裏切る「失策」が相次いでいます。

 前述の記者は続けます。

 「泉代表は批判政党から提案路線への転換を打ち出していますが、与党が間違ったことをすればしっかりと批判するのは、野党にとって当たり前の大切な仕事です。それは絶対に変えてはいけない。ただ批判するなら、批判する側はきちんと身を正していく必要がある。菅元首相のツイートにしても、『CLP問題』への対応にしても、身内に甘い体質が浮き彫りになれば、党のさらなる支持率の低下は免れないでしょう」

 自民党に代わって、いつでも政権を担える本格野党がしっかりと存在し、自民党があぐらをかいて本来の役割を果たせていなければ、選挙で民意が動き、一気に政権交代が実現する。その緊張感によって与野党の政策論争が活発になり、よりよい政策の実現につながる-。

 かつて小選挙区制度が導入された際、国民はそんな活力あふれる政治の到来を夢見て、期待しました。だが今、野党にその気概が見られないのは、残念なところです。

 コロナ禍の日本に横たわる問題は多種多様。与党には言うべきことを言い、誤りがあれば鋭く批判する。そしてしっかりとした代案を提示し、政権交代を主張する-。

 健全な野党をいかに「育成」していくかも、我々有権者が今後問われていく部分かもしれません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
「あんただけは許さないわ」 山田邦子が物申したい芸能人とは!?
「ザ・ノンフィクション」の婚活特集はなぜこんなにバズったのか
日本人男性が異常にモテる意外な国とは 顔のコンプレックスが大きな魅力に

残念すぎる菅直人氏「ヒトラー想起」ツイート・・・健全な野党の出現は夢なのか