福島県福島市に住む20代の男性が、LINEを乗っ取られたとみられる知人のメッセージを信じ、10万円分を騙し取られたことがわかった。

 ​>>27歳無職男、「ウマ娘」の偽アカウントを出品し6万円だまし取る「そもそも禁止行為」怒りの声相次ぐ<<​​​

 被害に遭ったのは、福島県内で青少年支援事業などにかかわる20代の男性。19日、乗っ取られたとみられる知人のLINEアカウントから、電子マネー10万円分を買ってくるよう頼むメッセージが送られてきた。

 内容から詐欺を疑っていた男性だが、この知人が長年世話になっている人物だったことから、指示通り電子マネー10万円分を購入し、利用番号を相手に伝えた。その後、詐欺であることに気がつき、警察に被害届を提出。現在、福島県警福島署が詐欺事件として捜査中だ。

 今回のようなLINE乗っ取りよる金銭の要求事案は、多々発生している。その手法は、乗っ取られた送信者が「今忙しい?」「電子マネーを買ってきてほしい」などと送信するもので、拒否する旨を送信すると「今すぐ買ってきてください」「急用なんだけど早く送ってくれますか」などと反論してくるケースも報告されている。

 「LINEで金を貸してくれという話は信じてはいけません。そのようなメッセージは無視する、あるいは直接電話をするなどして確認してください。確認ができない場合は、その場では無視をした上で、相手からの連絡を待ちましょう。今回のように、相手が世話になっている人物である場合や、仕事関係者の場合、信じてしまうこともあるようですが、そもそもLINEで金をせびるような人間とは、付き合いをやめた方がいいでしょう。また、LINEパスワードを定期的に変えることも、乗っ取り防止につながります」(事件記者)

 LINE乗っ取り被害と詐欺事案。引っかからないよう注意してほしい。

画像はイメージです