「他の裁判官に迷惑」「夫の足を引っ張る」「成績が同じなら男性を採用する」…女性弁護士が暴露する“非常識すぎるパワハラ” から続く

 裁判官弁護士、検察官などのいわゆる「法曹界」は、近年では女性の比率が2割程度まで増えたものの、いまだ男性が多数を占める業界だ。少数派として奮闘する女性たちが経験している困難にはどのようなものがあるのだろう。

 一子を抱える主婦だったが、離婚を機に子育てをしながら司法試験に合格し、弁護士となった中村久瑠美氏の『あなた、それでも裁判官?』(論創社)では、法曹界の雰囲気が赤裸々に語られる。ここでは同書の一節を引用し、かつての法曹界における男女差問題について考える。(全2回の2回目/前編を読む)

◆◆◆

静まり返った刑事裁判官室

 私が配属された刑事裁判部の柳田部長(裁判長、仮名)は、いつも背を真っ直ぐ伸ばし、見るからに謹厳な老紳士だった。当時は老紳士と見たが、50歳をひとつふたつ出たくらいで、現在の私よりも若かったはずだ。ひよっこの修習生の目から見ると、裁判長といえば大御所。自分たちと同じレベルの話などなさるとは思えず、近づき難い雰囲気があった。

 毎朝「おはようございます」と挨拶をして机に向かう。夕方5時になれば「今日も一日、ありがとうございました。今日はこれで失礼します」と言って退出する。部長と口をきくことなどほとんどなかった。一日中シーンとした執務室で、ひたすら事件の記録を読み込むのである。

 裁判官は毎日法廷に立つことはない。月水金とか火木土(土曜日は出勤したが、開廷はすでになくなっていたかもしれない)とか、法廷の日は、その所属する部によって大体1日おきに決まっている。法廷のない日は終日裁判官室にこもり、記録読みや判決起案をするのである。

 元・夫のいた札幌地裁では、法廷のある日以外は宅調日(編集部注:自宅で仕事をする日のこと)があったが、東京地裁では宅調日をとる裁判官はいなかった。「宅調日に1日おきに家に居られるのはかなわない」と妻たちからの評判が悪いから廃止されたのだ、とも聞いた。あるいは、戦後のある時期に裁判所の建物も不足していて机を置く余裕もなく、1日おきの出勤にしないと裁判官たちは机が使えない。そのため宅調日ができた、という説も耳にした。

 宅調日制度は、すでに昭和50年代初めには東京地裁では姿を消しており、その宅調に当たる日はじっと裁判官室の机に向かって記録を睨み、会話はなにひとつなく集中するのが模範的裁判官とされていた。

 柳田部長はまさにその典型で、一日中ムダ口はきかず、朝と帰り以外は目さえ合わせることもなかった。話し好きで、修習生をつかまえては裁判秘話を聞かせてくれる楽しい部長もいたと、修習生仲間から聞いたこともある。柳田部長が裁判官の典型ではないにしても、主任書記官から「この部長はこれから出世される方ですよ」と耳打ちされていただけに、最高裁が求める裁判官とは彼のような人だったのだろう。

「修習生に休暇はない」

 翌年の4月5日はわが子の誕生日、そして小学校入学の日であった。研修所入所のとき全員に配布された「修習生心得」には、「修習生は24時間、365日が修習である。“休日”という観念は持ってはならない。休暇は原則無いものと思って2年間の修習に励むよう」との趣旨が記されてあった。休暇は人間が人間らしく生きるための労働者の権利であり、憲法の基本的人権のあらわれとして労働法上も認められたものであるが、修習生はその対象ではないといわんばかりの「修習生心得」である。修習地を離れ、県外へ旅行するときも、最高裁へ許可願をだすようにと「心得」には書かれており、修習生の行動は厳しく制限されていた。ちょっとしたことで「罷免」という事態になることも予想され、日常の行動や言動について、修習生は神経質にならざるを得なかった。

 刑事裁判の修習中、こんなことがあった。同じ班のある男子修習生が部長(裁判長)に対して、「お願いがあります。下宿を替えるので、引越します。午前中休ませてください」と言った。部長は「ああ、そうですか。下宿を替わるのは大切なことですね。結構です」と抑揚のないいつもの口調で、しかしはっきり答えた。私はこのやりとりを隣りの席で聞いていたので、意を決して部長に「お願い」にいった。

4月5日子ども小学校に入学します。入学式にいってやりたいので、半日休ませてくださいませんか……」

「……」

 部長は絶句した。何分待っても答えはなかった。下宿を替わりたいからという男子修習生には、すぐに「いいでしょう」との返事がありながら、私には、良いとも悪いとも言わない。明らかに驚きと、呆れ。そして「そらごらん、子どもをもって研修所などに来るから、困るのはお前さんだろう」と顔に書いてある。1年前の女性修習生差別発言は、何ひとつ解決されていない。女性のくせに、それも子持ちのくせに、男が生命をかける司法界に入ってくればどういうことになるのか、よく考えろ、ということだったのだ。

 私はバカなことを聞いてしまったと後悔した。前年の一連の差別的発言は裁判官全体の発想だということを、私はまだわかっていなかったのだ。元・夫にしても同じ態度をとるに違いない。

「女のくせに、母親のくせに、司法研修所などに入るからだ。入学式に行ってやりたいなんて甘えたことを言うな!」という反応は、当然予想すべきだった。下宿を替わることが大切なら、子どもの一世一代の入学式に母として参列することはもっと大切だ、と思った自分の考えの甘さをとことん思い知らされた。裁判所子どもの話、家庭の話を持ち込んではいけない。私は引き下がった。そしてこのとき以来、事前に理由を言って休暇をとろうなどとはしないことにした。たとえ子どもが熱を出して苦しんでいても、私は本当のことは言うまい。私自身が体調を崩したことにしなくては、休むことはできない。労働者の有給休暇や、最近話題の介護や育児休業制度など、考えることもできない裁判所の研修生の姿がそこにあった。

の修習もあった

 当時、修習生仲間のみならず教官たちの間でも「夜の修習」という言葉が、公然と使われていた。一般社会の人が聞いたら、怪しげな“なにか”を連想しそうな言葉だと思うが、法曹関係者は大真面目で「夜の修習に行って来ます」などと日常的に使っていた。要するに、酒を飲みともに語り、人間性を陶冶しようということだ。受験勉強ばかりしてきて頭でっかちで常識無しの修習生が多いから、修習時代はおおいに羽を伸ばしてもらい、毎晩のように飲み会を催して、飲めや唄えの宴会を繰り広げるのである。

 現在はどうなっているのか知らないが、検察庁がとくに派手で、夕方も6時を過ぎれば役所のそこここでビールに乾きもののつまみが供され、修習生や若手の検事ばかりか、部長やはては検事正までが一緒になって談笑するのである。修習生といえどもその半年や1年後には法曹界へ入るわけだから、先輩たちも丁重に扱ってくれる。しかも女性となると修習生が50人いてもわずかに2、3人しかいないのが当時は普通だったから、いやでも目立ってしまう。部長以上のお偉いさんの隣りに場を占めさせられて、ビールを注いだり、タバコに火をつけたり、まるでホステスまがいのことだって堂々とやっていた。現役で合格してきた若い女性修習生は、慣れないことで嫌だと思っていたかもしれないが、私は嫌がってみても始まらないので、いつもニコニコと男性たちの間で自然に振る舞っていた。

 いまであれば「セクハラだ」と当然言われる状況であったが、そんな言葉は30年前の日本では存在しなかったし、そういう概念も皆が持ち合わせていなかった。しかし、考えてみれば元・夫は私が赤ん坊を生んだ直後、「手酌でやってね」と言ったことで不機嫌になり、さんざん嫌味を言われたことがあった。やはり裁判所や検察庁のなかで、女性と見れば酌をさせる風習は止めにすべきだろう。職場で対等でなければ、家庭内で男女の対等なんてあり得ないのだから。

 私は自分自身の旧い育ちや体質と、頭で考える人権や男女平等の狭間で揺れ動きつつ歩んできた自分の半生を、いま不思議な思いで振りかえってみる。

 男性たちからのデートの申し込みなど、実際のところ数え切れないほどあった。同輩の修習生はもとより、指導教官や先輩の検事、裁判官なども例外ではなかった。こういう男たちの様子を見ながら、男はみんな同じように獲物を探す動物なのだと感じた。デートの誘いを拒否したら成績に響くのではないかなど、私はほとんど考えなかった。「すみません、でも、子どもが待っていますから……」と言えば、相手はビックリして手をひいてくれることは分かっていたから。

「青春はよみがえった」かのような日々

 子どものことはどこにいても、私の頭の片隅にあった。夜の修習で帰宅が遅くなる日も多く、祖母にまかせきりの日も少なくなかった。私はヒロの寝顔を見てから床につくことができるが、子どもは私に「おやすみなさい」も言えず、祖母に絵本を読んでもらって寝入るのだ。せめて朝は早く起きて子どもとひと遊びしてやればいいと思うのだが、それがなかなかできなかった。化粧もしなけりゃならない。洋服選びにも気をつかい手間がかかる。

「ねえママ、ガッチャマン買ってもらったよ、見てえ」と、オモチャを抱えて私の部屋までやってくる。「あら! よかったわね。どうやると動くんだろう。今度の日曜まで待っててね」「いやだ、いま動かしてよ!」……ごめんごめん、今日遅刻したら修習生をくびになっちゃうよ。

 こんなこともあった。可愛がっていたプードル犬のナナが死んでしまったのだ。冷たくなって横倒しになったナナを半日も撫でていたヒロ。深大寺にお墓を作った。それから一週間ほどしたある日、「ねえ、ママ、来て見て! お墓作ったんだよ、パパのお墓だよ」

 ——砂場には犬のお墓のような、小さな山が築かれていた。私は小さなヒロを強く抱きしめたまま、その場にうずくまってしまった。ヒロは驚いたのか、それ以来パパのお墓の話はぷっつりとしなくなった。

 同期の女性修習生のなかに、私より7、8歳年上のF子さんという優しそうな女性がいた。修習中に結婚して、双子が生まれたと聞いていた。そのF子さんに「ご出産、おめでとう」と声をかけると、彼女は涙ぐんで「これで私もやっと佐田検事(仮名)の前に出られるわ」という。いったいどういう意味なのか分からないので、理由を尋ねた。すると、前年に修習生になったばかりの頃、指導教官の佐田検事が彼女に対して「キミはひどい女だね。自分の子どもを置いて婚家を出て、自分だけ幸せになるなんて」と言ったというのだ。「こういってずいぶんいじめられたのよ」と言うではないか。

 彼女も離婚経験があり、一人息子を婚家に置いて出されたこと、そして某弁護士と再婚したことなどを、そのとき初めて聞かされた。驚いている私に、「あなたはヒロちゃんを連れて出られたから、まだ良かったのよ。佐田検事にいじめられずに済んだのだから」と言われたときには、声も出なかった。修習生の時代は何につけても、法曹関係者から言われる言葉は一般の人以上にこたえるものだ。まして指導教官が修習生に対してこんなことを言っていたとは、もう絶句するしかない話だった。

 しかし、修習生時代の辛い思い出はこの程度のもので、これ以外にはほとんどなかった。私にとっては2度目の学園生活のようで、まるで「青春はよみがえった」かのように思える日々の連続だった。私の研修所時代のアルバムには、若い男子修習生に取り囲まれて、常に仲間の輪の中心でほほえむ私がいる。昼も夜も誘われるままに勉強会に出たり食事や飲み会にも行き、夢のような毎日だった。見るもの聞くものすべてが血肉となり、驚いたり納得したりした。すべてが目指す弁護士への道のりの過程として、充実し輝いていた。

【前編を読む】「他の裁判官に迷惑」「夫の足を引っ張る」「成績が同じなら男性を採用する」…女性弁護士が暴露する“非常識すぎるパワハラ”

(中村 久瑠美)

©iStock.com