メイン画像

この冬、北海道では雪の量が多く、札幌ではきのう(28日)までに1月の降雪量が155センチに達しました。1月の降雪量が150センチを超えたのは、11年ぶりのことです。この先、2月中旬頃までは寒気が流れ込みやすく、更に積雪が増えるおそれがあるため注意が必要です。

札幌 1月の降雪量 11年ぶりの多さ

画像A

この冬は、北日本に強い寒気が流れ込みやすく雪の降る量が例年以上に多くなっています。札幌では1月1日~きのう(28日)までの降雪量が155センチに達しました。1月の降雪量が150センチを超えたのは、2011年以来11年ぶりのことです。
この先、2月上旬にかけて冬型の気圧配置となる日が多く、寒気が流れ込みやすいでしょう。目先、あさって31日月曜日にかけては札幌周辺でも、更に雪の量が増えるおそれがあります。雪による交通障害には引き続き注意してください。
※図は2021年11月1日2022年1月27日の累積降雪量

札幌 11年ぶりの雪の多さ 2月にかけて更に積雪増のおそれ