国内最大の暴力団、6代目山口組から神戸山口組が離脱したのは、2015年8月のことだった。

 巨大組織が分裂したことに伴う対立抗争は、2022年に入り8年目を迎えた。分裂した当初、6代目山口組の構成員は約6000人。対して神戸山口組は約2800人が警察当局によって確認されていた。(全2回の1回目/続きを読む

神戸山口組は約500人に減少、かたや6代目山口組は構成員増加

 実は6代目山口組をはじめ指定暴力団の構成員数は毎年の年末時点で各地の警察本部が集計し、警察庁が取りまとめてデータベース化しているのだが、ここにひとつの未発表データがある。

 2021年末時点で警察当局が集計した最新データだ。これを見ると、昨年、両組に大きな動きが見られたことがわかる。神戸山口組の構成員が、約500人にまで減少していたのだ。実に分裂時の2割以下である。一方で、6代目山口組の構成員数については、最新データでは約4000人だった。双方の構成員数は、実に8倍もの差がついている。

 特筆すべきは6代目山口組の構成員数だ。2020年末のデータでは約3800人だったため、昨年1年間で200人前後、“増加”していたことになる。

 2011年までに暴力団排除条例が全国で整備されたこともあり、近年は組員らが組織を離脱するケースも多く、暴力団構成員数は減少傾向にある。そんな中で、6代目は久しぶりに「人員増」となった。

 当然、これだけの勢力差が出てくると、対立抗争は6代目山口組側が優勢に進めることとなる。しかし、構成員が大きく減少したとはいえ、未だ神戸山口組500人前後の大勢力であることは間違いなく、抗争終結の糸口は見えていない。

 では、なぜ神戸山口組は大きく人員を減らし、6代目山口組は人員増加に転じたのだろうか?

構成員数の変化は「山健組の離脱」

 ポイントとなったのが、“武闘派”の呼び声高い山健組の存在である。

 神戸山口組が大きく勢力を減退させた背景には、中核組織であった山健組が離脱したことが大きく影響したとみられる。さらに、神戸山口組内で豊富な資金力を持っていたとされる池田組が独立したことも要因とみられている。

 前述のように暴排条例の影響もあり、近年、暴力団構成員数は全国的に激減している。 国内最大組織の6代目山口組も例外ではなく、ここのところは毎年のように300人前後の減少を続けていた。にもかかわらず昨年約200人もの増加が確認されたのは、神戸を離脱した山健組が400~500人の巨大勢力を率いて6代目山口組に復帰したことが理由だとみられている。

 組織犯罪対策を担当する警察当局の幹部は、現在の状況をこう見る。

「6代目山口組側が優勢な状況は変わらない。だが、神戸山口組の組長の井上邦雄が引退するとか、組織を解散するということはないのではないだろうか。『最後の一人になってもやり抜く』などと周囲に言っていると伝えられている」

神戸には「意地でもやって行く」という若い衆も…

 神戸山口組の事情に詳しい指定暴力団幹部も同様の見解だ。

「分裂して(6代目山口組を)出た際に、神戸山口組の組長に多くの若い衆は付いて行った。今でも『意地でもやって行く』という強い気持ちの若い衆も多いだろう。それなのに、形勢が不利になったからといって、親分が自分から『辞めます』とか、『引退します』とは言い出せないだろう――」

 6代目と神戸は分裂以降、双方が対立する事務所への殴り込みや発砲、ダンプカーなどの大型車両をバックで突入させるなどの大規模抗争を繰り返してきた。

 国内最大の繁華街である東京の新宿・歌舞伎町で、双方の組員らが集団で乱闘騒ぎを起こしたこともある。複数での乱闘は歌舞伎町だけでなく各地の繁華街でも発生してきた。

 こうした事件だけでなく、本格的な殺人事件も多発した。

 対立抗争状態が続く2019年11月には、兵庫県尼崎市の商店街で最も象徴的で残忍な殺人事件が発生した。6代目山口組系竹中組の元組員が神戸山口組幹部の古川恵一に向けて自動小銃を乱射して殺害したのだ。この事件は、被害者に対し数十発の銃弾を浴びせるといった凄惨さだった。

 事件発生当時、警察庁で組織犯罪対策を担当していた複数の幹部は、「この事件が発生したことで対立抗争は、6代目山口組側の優勢へと、大きく潮目が変わることとなった」と指摘していた。

6代目山口組“高山のカシラ”出所が与えた影響

 自動小銃乱射による事件が起きる前月の2019年10月には、神戸市の山健組本部近くで、同組系の組員2人が6代目山口組弘道会系幹部によって同時に射殺される事件も発生。6代目山口組の攻勢が続いていた。

 2019年秋にこうした重大事件が続発した理由について、多くの警察庁幹部は、「カシラの高山の出所だ」と強調していた。高山とは、6代目山口組若頭・高山清司のことだ。若頭とは主に関西地方暴力団組織のナンバー2の地位の呼称で、若い衆の筆頭という意味だ。次期組長候補でもある。

 高山は2010年11月、恐喝容疑で京都府警に逮捕され、京都地裁で2013年3月、懲役6年の実刑判決が言い渡されていた。2審の大阪高裁は2014年2月、高山の控訴を棄却。高山は最高裁に上告していたがとり下げ、実刑判決が確定。府中刑務所に収監されていた。武闘派として知られるだけでなく、経済ヤクザとして豊富な資金力があることでも名が通っていた。その高山が2019年10月に出所し組織に復帰したのだ。

神戸から離脱した山健組が6代目に復帰

 当時、警察庁幹部は、「高山の出所に合わせて、6代目山口組の傘下組織が活発に動き出し、神戸山口組側への攻勢を強めた」と指摘していた。6代目山口組の攻勢だけでなく、神戸山口組側からも傘下組織の離脱や解散が相次いだ。当時、神戸山口組の重鎮とされた太田興業の太田守正が引退するなど、高山の出所はそれだけ業界内で大きなニュースとして伝わったのだ。

 こうした流れの中で起きた大きな出来事が、昨年の山健組の離脱だったのだ。

 神戸山口組としてはさらに痛手となったのは、山健組が離脱しただけでなく、6代目に復帰したことだ。それでも神戸は組織存続の姿勢は崩していないが、勢力図が書き換えられつつある「山口組分裂騒動」は最終局面を迎えようとしている。(続きを読む)(文中敬称略)

《もうひとつの分裂騒動》「神戸はヤクザの社会で最も大事な“盃”をないがしろにして出て行ったが…」 90人に減少した“第3の山口組”絆会の行方は…? へ続く

(尾島 正洋/Webオリジナル(特集班))

写真はイメージ ©️iStock.com