《山形13歳女児イジメ飛び降り自殺》「救える命だったんだよ!」「加害者は今も大手を振って歩いている」怒号飛び交い、涙する母親も… 緊迫の“保護者説明会”90分間 から続く

 わずか138文字の“遺書”に込められていたのは、13歳の少女の重たい思いだった。

《じつはれんあいだけでなく、友達ともうまくいってなくて、本当にみっともないんですけど、自殺したいって考えてまして、そして、もし本当に私が死んだら、●●(出身小学校)の人だけでもいいので、みんなに、ありがとうっていってください、おねがいします。●●先生も大好きですよ。今まで本っ当にありがとう

 山形県酒田市立第一中学校1年(当時)の石澤準奈(せつな)さん(13)が陰湿なイジメを受けて自殺してからまもなく1年――。「文春オンライン」の取材で、準奈さんが亡くなる半年前に書き残していた遺書の存在が新たに明らかになった。

※本記事ではご両親の許可を得た上で、準奈さんの実名と写真を掲載しています。編集部も、準奈さんの死の真相解明の一助になることを願い、可能な限り事実に忠実なかたちで伝えるべきだと考え、実名と写真の掲載を決断しました。

◆◆◆

 2021年2月12日、石澤準奈さんは多くの生徒たちが登校中の午前7時50分に中学校の校舎4階から飛び降りた。準奈さんは生前に、クラスメイトから「死ね」「キモい」などと書かれた手紙を複数回にわたって下駄箱に入れられるなどのイジメを受けていた。

ノートに挟まっていた1枚の手紙

 冒頭の「遺書」が発見されたのは、突然の自殺から半年が経ったお盆前のことだった。準奈さんの父親はその時の様子をこう振り返る。

せっちゃんがいなくなってからは仕事も手に着かず、毎日毎日を終えるので精一杯でした。そんな日が半年ほど続いた8月頃、妻が娘の机の周りを整理している時に机の引き出しにあったノートを見つけたんです。ノートには小さな手紙が挟んであり、それが直筆の“遺書”でした。宛先は小5~小6の時の担任だった女性の先生で、日付は2020年7月6日せっちゃんはその先生を心から信頼して、いろいろ相談していました。私たち親とも連絡を取り合っている方でした。手紙には《●●先生以外みるな。》と書かれていました」

 2020年3月に小学校を卒業した後も準奈さんは担任だった女性の先生と文通を続けていたが、卒業から4カ月が経った7月には、遺書を書くほどに追い詰められていたことになる。しかし結局その遺書は、先生に送られることなく机の中でノートに挟まったままだった。

「遺書を見つけたときは動悸がして、なかなか開くことができませんでした。それでもせっちゃんが残してくれた言葉なので、勇気を出して何度も何度も読み返しました。きっとせっちゃんは、この遺書を出したら大事になってしまうと思って先生に送ることも私たちに相談することもできなかったのでしょう。遺書の裏の2020年7月6日という日付を見て、中学に入学してこんな早くから“死にたい”と考えていたのかと驚き、『気づいてあげられなくてごめん』という気持ちでいっぱいになりました」(同前)

「うれしくてガッツポーズする人もいるかもね」

 準奈さんが亡くなってから半年間、両親は準奈さんの遺品を整理することがなかなかできずにいた。しかしこの遺書を発見したことで「もしかしたら他にも何か残されているかもしれない」と机の周りを改めて丁寧に探すと、メモ書きされた小さな紙がもう1枚見つかった。日付は明記されていなかったが、これもまた自らの死を想定した“遺書”と言える内容だった。

《たぶん私は今日死んだ、車にひかれて。みんな泣くかな(中略)もしかしたら、うれしくてガッツポーズする人もいるかもね。私の自殺のげんいんは、べんきょう、友だち、れんあい、バレー、全部です。もう本当にくるしくて、死にたくなっちゃった。私をひいてしまった人は、本当にもうしわけない。そのばあいは、誰かこの手紙を見せて、そうすればこの人の罪は少しかるくなるかもしれない》(一部抜粋)

 父親が後悔の念を口にする。

「車に飛び込もうと思うくらい追い詰められている時まで、自分を轢いてしまった人のことを考えているせっちゃんに涙が出ました。結局学校で飛び降りることを選んだのは、他人に迷惑がかからない場所ということだったのかもしれません。学校にはすぐに報告しました。たった1人で、足がすくむほどの4階という高さから身を投げるなんて。怖かっただろうに……。せっちゃんを助けたかったです」

読書感想文タイトルは「自殺について」

「自殺したいって考えてまして」と遺書を書いた7月6日、準奈さんは学校の図書室で1冊の本を借りていた。それは「自殺予定日」(秋吉理香子著/東京創元社)というミステリー小説だった。

 継母に父を殺された16歳の少女が事件の証拠を探し、見つけられなかった時は死をもって継母の罪を告発しようと決意するストーリーだ。準奈さんは同作を題材に、「自殺について」と題した原稿用紙5枚の読書感想文を学校に提出している。その中には、こんな記述があった。

《「自殺」それは自分自ら自分を殺す。この世には、自殺をする人がたくさんいる。なぜ自ら死を選ぶのか。それはいろいろある。友達と仲よくできない、いじめられている、もう全部がうまくいかない、とこれ以外にもたくさんある。それに自殺する人以外に、自殺したいって思ってる人もいる。私も何度も自殺したいって思ったことがある。》

《つらいし、くるしいからって死に逃げるのはずるいと思う。ほかにもつらい、くるしい思いをしている人はたっくさんいて、その中でも、ガマンしてる人だっているのに、死に逃げるのはずるい。私だって、できることなら死にたい。今すぐにでも死にたい。》

《もし、自殺するときはよく考えて。本当に今死んでいいのか、友達が後追い自殺しないかな、お父さんお母さんしんぱいしないかな、もうちょっと遊んでから、ご飯食べてから、本当にこうなのかな、もうちょっと考えたほうがいいのかな、みんなにありがとうって、みんなにごめんなさいって、大切な人に大好きって、言ったほうがいい?って、考えて、もっともっと考えて、ちゃんと考えて、これが本当にあってるのか、この選択でいいのか、自殺するならそれを承知でやってほしいと思う。私は、自殺したいと思っている人たちを助けていきたい。自殺したいって思うぐらいくるしんでいる人たちを救いたいと思う》

 読書感想文には、準奈さんが内なる自殺願望と戦いながら、紙一重で思い留まっていた心情が綴られている。だが、両親がこの感想文の存在を知ったのは、準奈さんが亡くなった後だった。

せっちゃんが死んだ後、3月に学校から返却されたものの中にこの感想文がありました。最初に目にした時は“自殺”という文字を見ただけで、気分が悪くなりました。この文章を読んだ国語の教員はせっちゃんに『大丈夫?』と聞いただけで、娘も『大丈夫』と答えたそうですが、なぜ親の私たちに一言教えてくれなかったのか。感想文には『今すぐにでも死にたい』と書いてあり、とても危うい精神状態だったことは担任も把握していたはずです」(父親)

準奈さんが亡くなった後、両親は学校に原因の徹底的な調査を要求した。しかしその結果は、両親にとって全く納得がいくものではなかったという。(#7へつづく)

【悩みを抱えた時の相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556」午前10時午後10時
フリーダイヤル「0120-783-556」毎日:午後4時午後9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時

1月29日(土)21時からの「文春オンラインTV」では本件について担当記者が詳しく解説する。

《山形中1女児イジメ自殺》「せっちゃんをイジメた生徒を知りたいと思うのはダメなことでしょうか」一向に進まない“原因”の究明に対する両親の嘆き へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

亡くなった石澤準奈(せつな)さん