Hey! Say! JUMPの八乙女光(31歳)が1月29日、突発性難聴の治療に専念するため、一定期間活動を休止すると発表した。

発表によると、八乙女は昨年12月めまいと耳鳴りの症状を訴え、病院を受診したところ突発性難聴との診断を受けた。その後、しばらく仕事を続けながら通院治療を行っていたが、音楽活動をはじめとする仕事への影響が徐々に見受けられたことから、ジャニーズ事務所が「八乙女の健康を最優先すべき」と判断。本人の意向を尊重しながら、メンバーの意見を踏まえた上で、一定期間の活動休止を決めた。

これに伴い、Hey! Say! JUMPは当面の間、7人での活動となる。

活動休止について、八乙女は「この度は僕のことでファンの皆さま、そして関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけいたしまして、本当に申し訳ありません」と謝罪した上で、「12月に突発性難聴を発症しました。テレビの収録中に耳鳴りとめまいが起きたのが始まりで、一日中症状が続き、夜も耳鳴りがひどくて眠れない状態でした。耳の症状は良くなってきてはいるのですが、複数で話すと誰が何を話しているのか分からないノイズが頭の中で起きて、バラエティや音楽活動をすることも難しい状態です。そこで、事務所メンバーとよく話し合い、芸能活動を休業することになりました」と状態を説明した。

また「突発性難聴と向き合いながら仕事をするという選択肢もありましたが、春に控えている舞台、今頂いているお仕事を100%乗り越えられるかと考えた時に、今の僕の回復状態では難しいと判断しました。皆さまに悲しい思いをさせてしまうことはとても悔しいです」とのこと。

そして「本来は、中止になりましたコンサートツアーの最終公演を終えて、ちゃんとHey! Say! JUMPの仕事を一つ乗り越えた上で、報告する予定でしたが、このタイミングでの報告となりました。僕としては、Hey! Say! JUMPの15年目の記念すべき日に戻る事を木ひょにして、完治に向けて治療に専念したいと思います。必ず、また元気な姿を見せたいので、今は完治するお時間を下さい。僕が戻ってくるのを待っていてもらえると嬉しいです。これからもHey! Say! JUMPを宜しくお願いいたします」とコメントしている。