Epic Games3月3日(木)、同名の音楽配信プラットフォームを運営するBandcampを買収し傘下に迎えると発表した。

(画像はEpic Gamesより)

 Bandcampは、2007年に設立されたアメリカの非上場企業。翌年に提供を開始した同社の音楽配信サービスは、販売だけでなく寄付も受け付けられることから、無料で楽曲を公開するなどアーティストたちのプロモーションの場にもなっている。

 マルチプレイ対戦シューティングフォートナイトゲーム開発エンジンUnreal Engineダウンロードゲームストアの運営に注力しているEpic GamesBandcampを引き入れるのは意外に思えるかもしれないが、両社のサービスクリエイターアーティストに対し、類似のプラットフォームに比べ高い還元率を有しているという点では共通している。

(画像はBandcamp「Minecraft – Volume Alpha | C418」より)

 またBandcampは、『マインクラフト』『テラリア』『FEZ』といった多数のインディータイトルが音源を公開するなど、ゲーム界隈にとっても発表の場としてみなされてきた。今回の買収によって同サービスの運営方針が大きく変わることはなく、CEOを務めるイーサン・ダイアモンド氏によれば、「独立した音楽マーケットプレイス兼コミュニティとしてアーティストが利益を得やすい環境を維持していくとのことだ。

 Epic Gamesは自社サイトのプレスリリースを通じて、ゲームにアート、テクノロジーといった多方面での経済活動の流れを作り出すという私たちのビジョンにおいて、Bandcampは大きな役割を果たすでしょう」と述べている。今回の買収額の内訳については明かされておらず、今後の動向に注目が集まる。

Epic Gamesによるプレスリリースページ(英語)はこちら今回の買収に関するBandcampのブログページ(英語)はこちら