3月9日に行われた韓国の大統領選挙で、「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補が韓国の20代大統領に決まった。これで韓国では5年ぶりに保守政権が発足することになったが、得票率ではわずか0.7%差の辛勝であり、共に民主党が掌握する国会との関係構築などを考えると、尹錫悦新政権の先行きは決して明るくない。

JBpressですべての写真や図表を見る

 歴代の大統領選挙がそうであるように、今回の大統領選挙も5年間の文在寅政権に対する「国民による審判」という性格が強かった。両党の候補が確定した12月初めから約3カ月間の大統領選挙レースで、両候補の支持率は常に伯仲してきたが、政権交代に対する国民の熱望は常に50%を超えていた。このため、「国民の力」の李俊錫(イ・ジュンソク)代表はメディアとのインタビューで「支持率が10%ほどリードしている」と公言していたし、党としても選挙当日まで6%以上の差をつけて李在明(イ・ジェミョン)候補を圧倒できると分析していた。

 しかし実際に韓国国民が下した審判は、世論調査の結果とはかけ離れたものだった。

「保守vs進歩」の構図で見れば進歩が勝利

 最終得票率は、尹錫悦氏が48.56%に対して、李在明氏が47.83%。たったの24万7000票差で、歴代大統領選挙の中で最も少ない票差だった。

 他の候補者に目を向けると、共に民主党と戦略的協力関係だった進歩系野党「正義党」の沈相奵(シム・サンジョン)候補が80万票を獲得した。もし沈氏が李在明氏と一本化を果たしていたら、勝敗は覆されたかもしれない。もう少し踏み込んで言えば、保守vs進歩という構図で見れば、進歩側がわずかの差で勝ったと見ることができる。

 そのことを考えれば、尹錫悦・次期大統領の保守的な外交公約や労働公約が、韓国国民から強い支持を得られるかは大いに疑問だ。THAADの追加配備、日米韓間の協力強化、労働市場の柔軟化などの政策は、国民の支持を得ることに苦労することになるだろう。

 議会との関係も大きな懸念材料だ。300議席の国会議席のうち、現在172議席を共に民主党が占めている。国会の協力を得ることも容易ではないだろう。まず組閣人事から共に民主党に足を引っ張られる可能性が高い。韓国では、長官は大統領が任命を押し付けることはできるが、首相だけは国会承認が必須だ。共に民主党の同意がなければ、首相すら自由に任命できない。共に民主党はすでに選挙期間中から「尹錫悦候補がもし大統領になっても結局は何もできない『植物大統領』になる」と脅してきた。大統領選挙の前から「弾劾」の可能性を口にしていた議員もいたほどだ。

 結局、尹錫悦次期大統領は、24年の総選挙まではできるだけ共に民主党を刺激せず、なだめながら協力を引き出すことが重要になるだろう。となれば、選挙期間中に強調してきた文在寅政権に対する積弊清算捜査や李在明候補の各種疑惑に対する捜査もすぐには始めることができまい

文在寅大統領に捜査が及ぶ可能性のある2つの事案

 現在、文在寅大統領の関与が疑われる事案としては、月城(ウォルソン)原発経済評価捏造事件と蔚山(ウルサン)市長選挙介入事件の2つがある。投票日直後の時点でも、尹錫悦政権が誕生すれば、この2つの事件に対する再調査が行われるという見方が強かった。

 月城原発経済性操作事件は文在寅政権の「脱原発政策」のために、公務員が月城原発の経済性評価を操作することで月城原発を早期閉鎖しようとした事件である。

 2018年6月、韓水原(韓国水力原子力)は月城1号機原発に対する早期閉鎖を決定したが、野党を中心にこの決定に手続き上の問題がないかに対する監査を要請した。監査院は約2年後の2020年10月、2年間の監査結果を発表した。そこには、文在寅政権の指示で、産業通商資源部の公務員が月城原発閉鎖の結論に導くために経済性評価を操作し、さらに関連資料を廃棄するなどして監査に抵抗していた、と記されていた。

 注目すべきは、文在寅大統領が「なぜまだ月城1号基が稼動しているのか」と産業部長官を叱責した翌日、韓水原が緊急会議を招集して原発の早期閉鎖を決定した点だ。検察もそこを問題視し、文在寅大統領の関与まで視野に入れて捜査を展開したのだが、文在寅政権の強い反発で捜査は足踏み状態になった。捜査阻止の先頭に立った当時の秋美愛(チュ・ミエ)法務長官は、尹錫悦検事総長(当時)を懲戒処分し、業務停止命令を下して韓国社会を騒然とさせた。

 この事件は、尹錫悦氏を検事総長辞任に追い込み、政界入りさせる契機になっただけでなく、当時の崔宰亨(チェ・ジェヒョン)監査院長をも辞任・政界入りさせることになった。結果的に尹錫悦氏は大統領に、崔宰亨氏は大統領選挙とともに行われた鍾路区(チョンノグ)補欠選挙で国会議員に当選する快挙につながった。文在寅政権にとっては想像もしたくなかった事態を招いたわけだ。

法務部の圧力で捜査は尻すぼみに

 もう一つの蔚山市長選挙介入疑惑事件とは、文在寅大統領の親友である宋哲鎬(ソン・チョルホ)氏を2018年6月の蔚山市長選挙で当選させるために、大統領府が蔚山警察庁に相手候補に対する捜査を指示したという疑惑だ。検察は宋哲鎬氏や、宋氏の選挙キャンプの主要人物として大統領府との連絡を取り持っていた宋秉基(ソン・ビョンギ)氏、当時蔚山警察庁長だった黄雲河(ファン・ウンハ)共に民主党議員らを起訴した。韓国メディアによると、検察は、警察と大統領府、そして宋哲浩陣営の関係者を共犯と把握し、文在寅大統領の関連性を捜査しようとした。

 しかし、同事件も月城原発事件同様に、捜査を指揮していた検事らが法務部によって大勢異動させられたため、捜査はうやむやになった。現在は、宋秉基氏、宋哲鎬氏、黄雲河氏は裁判中だが、大統領府の主要関係者らは全員不起訴処分となっている。

当面は手を付ける余裕がない「積弊清算」

 尹錫悦氏は今回の大統領選挙で一貫して「反文在寅」というフレームで選挙に臨み、「文在寅政権の積弊が明らかになれば公正に捜査する」と強調してきた。対する文在寅大統領は強く反発してきた。

 だが韓国の国民が大統領選挙を通じて尹氏に送ったサインは「積弊清算」ではなく「国民統合」だった。尹錫悦氏も民意のありかを察知したようだ。投票日翌日の記者会見では「国民統合」を強調してみせた。

「文政権に対する積弊捜査をするのか」という記者の質問にも、「国民の利益になることが何かを考え、現政権とよく協力して、国民の不便がないようにする」と述べ、回答の代わりをした。

 文在寅大統領は、退任後はひとまず、親友だった故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の私邸のある慶尚南道金南市・烽下マウル(村)のすぐ隣、慶尚南道梁山市に建てられた豪華私邸に静かに帰るものと見られる。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  文在寅がズタズタにした韓国外交、修復のため尹錫悦に与えられた時間は短い

[関連記事]

「史上最低の大統領選」を制した尹錫悦がまとうトランプそっくりの危険な香り

韓国大統領選、政権交代でも晴れない民心

3月10日、前日に投票が行われた大統領選挙で勝利し、会見を行う尹錫悦氏(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)