野田佳彦財務相と海江田万里経産相による決選投票の末、野田氏が新代表に選出された民主党代表選。その模様は2011年8月29日NHKによってテレビ中継されたが、その中で流れた淵澄夫前交相の発言に関する報道が誤っていたことが分かった。NHK記者が、その後の番組内で訂正したことで明らかになった。

 今回の代表選では、第1回投票で過半数を獲得できた補者がおらず、海江田氏と野田氏との間で決選投票となった。そのため、残りの補である淵氏や前原誠司前外相、鹿野農相の営が、第2回投票海江田氏と野田氏のどちらに投票するかが焦点となった。代表選の模様を中継していたNHKは、決選投票が行なわれている最中の13時50分すぎ、営の投票行動に関して、次のように報じた。

淵前土交通大臣は、今日午前の出式で自らの営に、決選投票になった場合は海江田経済産業大臣以外の補者に投票するよう呼びかけました」(横尾アナウンサー

 ところが、最初の報道から約2時間後の16時ごろ、NHKニュースの中で、政治部の小川記者淵氏の発言について、訂正した。

「先ほどの特設ニュースの中で、『淵前土交通大臣が今日の午前の出式で、自らの営に決選投票になった場合は、海江田さん以外の補者に投票するよう呼びかけた』とお伝えしましたが、正しくは『淵さんが増税はすべきではなく、決選投票になった場合は私の政策に近い海江田さんに投票したい』と表現していました」

 今回の訂正報道について、NHK広報局に取材したところ、

淵氏の決戦投票の対応については、投票開始後に伝えましたが、その後、取材の情報に基づいて、特設ニュースなどのなかで、めて、淵氏の対応を伝えました」

との返答が得られた。また、淵氏の事務所に問い合わせたところ、NHKの最初の報道は「事実根である」とのことだった。

関連サイト
・[ニコニコ生放送]民主党代表選挙決選投票から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv61468946?po=news&ref=news#2:32:49

山下史、亀松太郎

民主党代表選挙の決選投票