ベガルタ仙台は19日、原崎政人監督とトップチーム関係者2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性疑いとなったことを発表した。

クラブの破票によると、19日にJリーグの抗原定性検査を実施。関係者1名が陽性疑いとなった。

その他は陰性となっており、濃厚接触疑い者もいないことからトレーニングは通常通り実施した。

その後、20日に行われる明治安田生命J2リーグ第5節のモンテディオ山形戦のため、移動する前にPCR検査を実施。そこで、原崎監督と関係者1名が陽性疑いとなり、濃厚接触疑い者も2名となったとのことだ。

合計5名は現在隔離待機中とのことだ。

なお、原崎監督は痰、咽頭痛の症状が、関係者1名は咽頭痛、咳の症状があるとのこと。残りの3名は無症状だという。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ
>詳しくはこちら

サムネイル画像