ベガルタ仙台は22日、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性疑いとなっていた原崎政人監督とトップチーム関係者2名について、保健所より20日に陽性判定を受けたことを発表した。

クラブによると、19日に3名の陽性疑いは発表されており、Jリーグの抗原定性検査により関係者1名が陽性疑いに。その後にPCR検査を実施し、原崎監督と関係者1名が陽性疑いとなっていた。

また、その際に2名が濃厚接触疑いとなっていたが、PCR検査の結果が陰性だったためにチームに合流しているという。

さらに、今回3名が陽性となったことで21日にPCR検査を実施。トップチーム関係者6名が陽性判定を受けている。

なお、6名のうち2名が発熱と咽頭痛、1名が頭痛、1名が咽頭痛、2名が無症状となっている。

仙台は23日のトレーニングを中止にすることを発表している。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ
>詳しくはこちら

サムネイル画像