カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 自動車メーカーの多くは慈善活動を支援しているが、日本の自動車メーカースバル子会社で「スバルオブアメリカSubaru of America, Inc.)」は、特に動物に対する支援を積極的に行っていることで知られている。

 同社の動物支援に対する取り組みは十年以上続いており、2020年から10月に実施される『Subaru Loves Pets』というキャンペーンでは、2年で約6万匹以上の保護動物に永遠の家を見つけることができたという。

【画像】 動物たちを支援する米国スバル社の取り組み

2020 Subaru Loves Pets

 アメリカスバル社では、2008年頃から動物支援を本格化させている。

 主要なモーターショーに、養子縁組が可能な保護動物たちを参加させて顧客との交流を図る取り組みは、今やスバル社のモーターショーでは恒例行事で大人気のイベントだ。

 中でも、2年前から毎年10月に実施されている『Subaru Loves Pets』と呼ばれる月間キャンペーンは、大きな反響を呼んでいるという。

・合わせて読みたい→通販サイトAmazonで動物保護施設の支援プログラムがスタート。必要な物資をポチっと支援できるようになったぞ!

 このキャンペーンでは、スバル社がアメリカ国内にある数百のスバル販売店やパートナー提携している動物保護施設と協力し、犬猫たちに永遠の家を見つけることを支援している。

 2021年10月の養子縁組キャンペーンでは、600を超える米スバルディーラーが対面またはネットを通しての養子縁組イベントを行い、3万6千匹以上の避難所にいる犬猫たちの養子縁組に成功した。

 2020年のキャンペーンと合わせると、6万匹以上の保護動物に永遠の家を見つけることができたという。

Subaru Loves Pets 2021: Worcester Animal Rescue League

 更に寄付活動も行っており、米スバルディーラーは、地元の動物保護施設に約164万ドル(約2億円)を寄付した。

キャンペーンではシニア犬や障がい犬などの養子縁組に積極的

 「Subaru Loves Pets」キャンペーンでは、シニア犬や先天性障がい、身体的障がい、視覚・聴覚障がいのある犬など、通常では養子縁組が難しい保護犬を積極的に支援している。

 米スバル社のマーケティング担当およびシニア・バイス・プレジデントアラン・ベスケ氏は、このように述べている。

同キャンペーンは、毎回大反響を呼んでいます。スバルの小売業者やパートナー提携している動物避難所、そしてペットに永遠の家を与えてくれた全ての人々が困っている動物たちに愛情を示してくれたことに感謝しています。

 なお、米スバル社は「Subaru Loves Pets」キャンペーン以外でも動物支援に取り組んでおり、これまで35万匹近くの犬猫の養子縁組に成功しているということだ。

written by Scarlet / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

自動車会社「スバル」がアメリカで過去2年で約6万匹以上の保護動物の養子縁組を支援