posted by Jay Kogami

Twitter社、音楽共有サービスSoundCloud買収から手を引く

img via Flickr

Twitter社が音楽共有サービスSoundCloudを買収するという噂が流れましたが、この交渉はTwitter社が手を引いたことで終了しました。

ウォール・ストリートジャーナルは、Twitter社は「数字が合わない」として買収で合意することなく、交渉期限を迎えたと情報ソースの話を伝えています。どちらの企業が交渉を開始したのかは、明らかにされていません。

SoundCloudはDJやEDMプロデューサーに人気のサービスですが、近年はアマチュアミュージシャンから有名アーティストジャーナリストや学校、団体まで誰もが音楽やオーディオを投稿し共有できる無料サービスとして世界的に認知されています。

SoundCloudは現在、Twitterユーザー規模と同じほどのユーザー数2億5000万人以上に成長しています。ベルリンを拠点にするSoundCloudはまた企業価値を約7億ドルまで高めています。もしTwitter社がSoundCloudを買収するとなれば、同社にとって最も高額な買収になっているところでした。

【関連記事】
Twitter社、音楽共有サービスSoundCloudを買収か

交渉が物別れに終わった理由は分かっていませんが、買収における課題は幾つか挙げられます。まずSoundCloudは現在大手レコード会社とライセンス契約で合意していないため、著作権侵害とみなされる楽曲も投稿されています。もしレコード会社とライセンス契約を結ぶとなれば、大きな資金が必要になるとみられ、「著作権問題」と「ライセンス料」支払いはTwitter社とTwitterの株主にとって不安材料になると考えられます。もしかしたらTwitterは別のタイプの音楽サービスを探しているのかもしれません。

Twitterのような巨大プラットフォームが買収交渉は、音楽サービスの価値と注目度が高まっていることをの意味します。これは、デジタル音楽の世界と音楽スタートアップにとって好機であって大きなプラス材料です。このような転換期に日本の音楽サービスや音楽スタートアップビジネスチャンスと捉えてほしいと期待したいです。

■記事元http://jaykogami.com/2014/05/7640.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

SoundCloud、ワーナーミュージックからデジタル戦略担当副社長を引き抜く