服のお直しのデジタル対応を実現し、アフターケアのワンストップサービスへと展開を拡げる株式会社テーラーバンク岐阜県)が、東京・新木場に「テーラーバンクテクニカルラボ」を開設しました。サービスの需要が高いエリアであることに加え、サービスの中核となる専門技術を要するシニア人材の確保がしやすい東京に拠点を設け、より質の高いサービスの提供と多様なワークスタイルの実現を目指します。

テーラーバンクテクニカルラボは、豊富なキャリアと高度技術を持つシニア人材が在籍するとくに専門性の高いお直しに対応可能なリノベーション工場として2022年3月から稼働しています。アパレル企業と取引をする物流企業とアライアンスを組み、新木場に拠点を儲けることで物流の経済的コストの合理化を実現しました。この取り組みに際しては、配送に関わる環境負担を減らすことも意識しています。

テーラーバンクテクニカルラボの機能>

■輸送の合理化
取引先の多い東京にベースをおくことで輸送をコンパクトにします。共同配送で経済的・人的コストを抑えてスピーディに集荷と納品を行い、同時に服そのものへ対する摩擦やシワなどのストレスを軽減します。

■専門技術での対応強化
均年齢は70歳。オーダースーツ技術専門者、縫製工場の技術部長などを経験する高い技術を要するシニア人材が活躍します。テーラーバンクが誇る専門性の高いお直しの生産力アップと技術対応を強化しています。

■お直しをコアに捉えた新サービスの開発拠点
お直しサービスをベースにした新しいサービスを開発するためのリサーチを行う場として捉えています。一般的な工場や倉庫の使い方とは異なる活用方法、お直しから派生する異業種とのコラボレーションなどを模索します。


テーラーバンクテクニカルラボ概要>
所在地:東京都江東区新木場2-14-11 アクロストランスポート東京センター2階
面積:55平方メートル
サービスおよび設備:本縫い/スクイ/オーバーロック/カン止め/自動セッパ/スナップ釦付け/吹上アイロン台 他


<現在の取引先企業例>
株式会社オンワードパーソナルスタイル / タンゴヤ株式会社 / 株式会社FABRIC TOKYO / 株式会社コナカ(DIFFERENCE、SUIT SELECT)など


テーラーバンクについて>
テーラーバンクは、「洋服を購入した時からスタートするサービス」として「顧客生涯価値(LTV)」を高めるため、企業とお客様との関係作りをサポートする企業として成長を続けています。販売することがゴールだったこれまでのアパレル業界に、当サービスを介して販売後にコミュニケーションの機会やお客様とのタッチポイントを増やすことを可能にします。また、店舗と工場とのやり取りをオリジナルのWEBシステムで一括管理することで、満足度の高いサービスを提供しています。
具体的なサービス内容:お直し(リノベーション)のほか、傷、汚れ、破け、ほつれ、穴あき、色あせなどの補修(メンテナンス)、スーツやジャケットに適した専門的なクリーニング(リフレッシュ)、預かり(ストレージ)、店舗及び個別宅への配送(デリバリー)まで商品購入後のアフターケアを包括的に対応


【会社概要】
商号:株式会社テーラーバンクhttps://www.tailor-bank.com
所在地:岐阜県岐阜市茜部寺屋敷1-105
設立 : 2019年9月20日 資本金:500万円
業務内容:アパレル製品のサイズ修正及び縫製・補修、クリーンナップ及びメンテナンス、一時保管及び配送業務/商品の2次流通への販売サポート/ファッションにおけるエコビジネスへのコンサルティング/アパレル製品リサイクルサポート


本件に関するお客さまからのお問い合わせ先:
株式会社テーラーバンク 電話058-201-2300 メール: tailorbank2020@gmail.com

配信元企業:株式会社テーラーバンク

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ