フリーアナウンサー小林麻耶が、20日から義弟にあたる歌舞伎俳優・市川海老蔵への批判を強めている。彼が『週刊文春』の単独取材に応じた記事について、その内容に納得がいかず「はらわたが煮えくり返る」と怒りを露わにした。

20日に配信された文春オンラインの記事によると、市川海老蔵は『週刊文春』の取材に130分にわたって応じ、小林麻耶國光吟さんに直接謝罪した時の様子などを明かしたという。海老蔵サイドが謝罪について言及するのは初めてで、3月31日の夜10時30分すぎから6時間に及ぶ話し合いの場が持たれたことが分かった。小林は昨年10月29日に海老蔵が投稿したブログの内容について3月9日から國光さんと共に謝罪を要求していたが、それがやっと叶ったかのように思われる内容だった。

しかし21日、小林の公式ブログで「私たちは、おかえり、のブログに関して、直接頭を下げて謝罪してもらっていません」、「話の流れでごめんね、反省してると言われただけです」と綴り、記事中に“直接謝罪した”とあることを「はらわたが煮えくり返る」思いだという。また同日に更新した別の投稿では「こちらが話を伝えただけです。事務所と話し合ってから連絡すると言われたので、話し合いにもなりませんでした」と、謝罪どころかまともな話ができなかったのに「わざわざインタビュー受ける理由は何ですか?」と怒り心頭だ。

さらに「料理」と題したブログでは、亡くなった妻・小林麻央さんの闘病をきっかけに彼が自作した、子供たちも大好きという“海老蔵カレー”について「本当に作っているのはお手伝いさん」「作ってる“風”です」と暴露した。彼はブログの写真を撮るためキッチンに立つだけで「これで作ったと載せるなんて、あり得ない。凄い度胸だ」と小林は唖然としたそうだ。

2020年6月にYouTube「EBIZO TV 市川團十郎 白猿」チャンネルで『【海老蔵カレー】子供達がカレー食べたいらしいので全力クッキング!』と題し、彼が出演するクッキング動画が公開されている。その中で海老蔵は「麻央が食事を食べられなくなって、それで野菜スープを初めて作ったのが始まり」、「スープに使った具材が余ったため、自己流でカレーを作るようになった」と語っていた。野菜の切り方が大雑把だったり、鍋に入れる具材の量が溢れるほど多かったりしていたが、逆にそれが豪快で海老蔵らしいと評判だったのだが…。

小林はずっとそばで見てきたので、海老蔵は「子育てをしていない」「イクメンではない」と言い切れるそうだ。お手伝いさんはいるが、朝ごはん作りと2人の子供たちの面倒を見ているのは、海老蔵家族と同居している小林の母親だという。もうすぐ70代に入る母親に「休みを与えて欲しい」というのも、海老蔵の批判を始めた先月初旬からずっと小林が訴え続けていることの一つだ。市川海老蔵小林麻耶トラブル解決は、まだまだ長引きそうである。
(TechinsightJapan編集部 みやび

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト