精神科病院の患者たちは、いったん入院させられると、なかなか退院が許されない。要塞のような施設の中は秘密だらけのブラックボックスだ。真っ当な精神科病院もあれば、問題山積みの精神科病院もある。患者たちから寄せられた声や、内情に詳しい関係者たちの証言は、まるで拷問さながらの衝撃に満ちたものだった。『ルポ・収容所列島 ニッポンの精神医療を問う』(東洋経済新報社)を上梓した風間直樹氏(『週刊東洋経済』編集長)に話を聞いた。(聞き手:長野 光、シードプランニング研究員)

JBpressですべての写真や図表を見る

※記事の最後に風間直樹さんの動画インタビューが掲載されています。是非ご覧下さい。

──閉鎖病棟からの退院を望む米田恵子さんという患者から届いた手紙をきっかけに、東洋経済の記者3人が日本の精神医療の現状に迫る取材を開始しました。どのように調査が始まったのか、米田恵子さんとはどのような人なのかを教えて下さい。

風間直樹氏(以下、風間):米田恵子さんから届いた手紙には、4年近く閉鎖病棟にいて、家族とも面会はおろか、電話やメールSNSでのやりとりもいっさい許されない状況にあるという、驚くべき内容が書かれていました。「これは何なんだろう」というのが最初の率直な感想でした。

 私たち調査報道部は、別の記事の取材を通じて以前から精神医療の分野に関心がありました。これが調査を開始した理由の一つです。

 もう一つの理由は、彼女からの手紙の内容がとても具体的で、私たちの取材の手がかりになるようなことを伝えてくれていたことです。

 そこで、彼女がつながっている支援者弁護士と連絡を取り始めるところから、取材を始めていきました。閉鎖病棟にいた彼女は、主治医の指示により誰とも会えず、電話もできないという環境にありました。スマホも持ち込めないため通信手段は手紙しかない状況です。

 ただ、彼女の主治医が代わり、第三者でも一定時間の面会が許されることになったため、その機を逃さず、私たちは彼女のいる閉鎖病棟に行き、直接会いました。

 彼女は、子供を児童相談所で亡くすという、とてもショッキングな経験がもとでオーバードーズ(大量服薬)し、精神科病院に強制入院させられていました。

 ただ、実際にお目にかかると、閉鎖病棟の中でも彼女はわれわれと普通に意思疎通をかわし、手紙でやりとりをしたことと同じような話を彼女からしっかり伝えてもらいました。

 退院後も、個別の取材を何時間も行いましたが、彼女は私たちがステレオタイプ(固定観念や思い込み)のイメージを持つ、「精神疾患があってなかなか意思疎通が難しい人」では全くなかったんです。「なぜ彼女が4年間も閉鎖病棟にいれられていたのか」ということに私たちは強い疑問を抱きました。

精神疾患で強制入院が相次ぐワケ

──医療保護入院の問題点と、その被害について本書で説明されています。医療保護入院とは何でしょうか。

風間:医療保護入院は精神科特有の強制入院制度の一つであり、家族など一人の同意と、精神科医のうちで資格を持つ精神保健指定医の診断があれば、本人の意に反しても強制入院させられるという制度です。

 この制度の問題点は、家族は常に患者の味方だという性善説に立ってつくられているところです。みんながみんな関係のよい家族ばかりではありませんよね。様々な理由から、この人さえいなければと思うような家族がいてもおかしくない。

 そして、そういう家族であっても同意権者になり得ます。医療保護入院は、ある人を入院させたいと考える側にとって極めて使い勝手がよい制度です。

──問題がないのに入院させてしまうような診断を、医師がするんでしょうか。

風間:入院させたいと考える家族は、事前に医師に相談をしていることがほとんどです。一方的な家族の言い分をもとに、実際の診察の前に、詳細なカルテが出来上がってしまうんです。

 いざ診察になると、医師はもう出来上がったカルテを見ながら確認作業をするみたいな感じで、どうも最初に入院させるという結論が出てしまっているケースが多く見受けられます。

 医師は、強制入院させることに対して、あまり重大なことだと感じていないような気がするんです。というのも、「困ってるんです、助けて下さい」と入院させたい側から言われると、意外と簡単に入院を受け入れてしまうケースばかりだからです。これは大問題です。

 例えば、カルテに「不穏、多動、多弁、易刺激性(刺激を受けやすいこと)が見受けられる」と書かれると、統合失調症の疑いありとして医療保護入院のハンコがポンと押されて、それで強制入院させられてしまいます。

 想像してみて下さい。家に突然黒ずくめの男たちが入ってきて、あなたは抵抗できないままワゴン車に押し込められて、精神科病院へ連れていかれたとしたら。病院の診察室で、誰でも不穏、多動、多弁になるじゃないですか。それを見て、統合失調症の疑いありと診断されるケースが、私が取材した中でも何件もありました。

強制入院の対象者を移送する民間業者の驚くべき実態

風間:少なくとも、最初の入院の段階で、診断名をつけて強制入院させるというハードルがとても低いんです。つまり、私も皆さんも、悪意ある家族とその家族に理解のある医師さえいれば、一度は入院させられることから逃れられないということです。

 同時に、日本は精神疾患に対する社会的な偏見が根強いので、統合失調症という診断がついてしまうと、後で、とんでもない入院をさせられたと言っても、その主張や発言を社会はなかなか受け入れてくれないのが現状です。安易な診断と強制入院がはびこっている日本の現状は、大変恐ろしいことだと私は考えています。

──医療保護入院の対象になった人を自宅などから強制的に連れ出し、精神科病院へ移送する民間移送業者の驚くべき実態についても触れられています。

風間:民間移送業者は半ば暴力的に移送してしまうような業者もあってグレーな存在です。私からすると、どう考えても単なる拉致監禁、住居不法侵入としか思えません。

 移送業者はほとんどが警備会社です。移送する患者を守るつまり要人警護みたいな感じで、移送は警備業法で規定のある業務だという位置づけになっています。そのため、民間移送業者は完全な違法行為というわけではなく、家族の同意もあるので残念ながら必要悪的に今も使われています。

 元移送業者の人に話を聞くと、移送業者の幹部は警察OBで占めていることが多いそうです。自分たちが後で問題にならない方法を知り尽くしてる感じがしますよね。彼らは暴力的なことを極力しないようにうまくやっています。

 移送された人にも多く話をききましたが、相手をなだめすかすテクニックも移送業者の人はすごくうまいそうです。それも取り調べで培った警察官のノウハウが満載だからでしょうね。民間業者なのに移送するのがなるほどうまいわけだと合点がいきました。

 もう一つ、なるほどと思ったことがあります。警察OBが移送のリーダーでいると、当人が連れ去られる時に110番通報して警察官が到着したとしても、警察沙汰になったというケースがあまりないらしいです。警察は警察OBに弱いというところが実際にあるみたいなので、人的関係含めてうまくやってるなと感じます。

医師が身体拘束を使いたがる理由

──今回のように、相手が絶対に首を突っ込んでほしくないところにメディアが取材しにいく場合、取材先の皆さんはどういう反応になるのでしょうか。

風間:元移送業の男性は良心の呵責があったんでしょうね。内情を詳しく教えてくれました。また、精神科医や看護師、PSW(Psychiatric Social Worker=精神保健福祉士)など福祉の専門職の人の中にも、「今の状況は世界的に見てもだいぶ問題だよね。おかしいよね」と思っている人がとても多いんです。

 自分もおかしいと思っていたことをメディアが言ってくれたおかげで、やはり自分はおかしくなかったんだと思えたという話を、たくさんいただけたことはよかったです。

──自分を見つめ直すためといった説明のもとに、77日間にもわたり身体拘束を受けた武田美里さんのケースを紹介されています。

風間:複数の医師によると、日本の精神科病院への救急入院時に、患者に対してルーチン的に身体拘束が行われているケースは決して少なくないそうです。身体拘束と並び、隔離室に問答無用で入れられてしまうことも普通にあると聞いています。隔離室には古びた布団とマットと毛布、あと囲いもないような穴だけのトイレがあり、外鍵をかけられます。

 身体拘束は、両手と両足、胴のあたりを拘束される5点拘束というのが一番厳しい拘束になります。5点拘束をされてしまうと身動き一つ取れません。身体拘束を行うために本来は他の方法がないなど厳しい要件があるはずなのに、正直、医師の裁量が絶大です。

 確証は持てませんが、少なくとも武田さんの話や裁判所に出てきた資料をいろいろ読む中では、医師は早く身体拘束をしたくてしかたがなかったように思えてなりません。なぜなら、拘束をみせしめ的に使い、医師に対して患者の心を開く手段として用いているとしか思えないケースが散見されるからです。

 武田さんや他の人のケースでも、5点拘束されてかゆい時もかけない、オムツおまるをあてがわれるという人権上の問題がある状態を余儀なくされています。

 別の男性のケースを見ると、拘束された最初の頃は「何でこんなことするんだ、とんでもない人権侵害だ」という怒りしかなかったけれども、拘束される日々が続くと、だんだん拘束を解除する権限を持つ医師に服従するしかないと思うようになる。つまり、医師の意を通すために身体拘束を利用しているのではないか、というのが取材者としての私の感想です。

身体拘束に並ぶ薬漬け医療の実態

──精神疾患を抱えて入院する人にはむしろケアが必要なのに、そこに拷問的なものを与えるというのは真逆なアプローチな気がします。

風間:精神疾患を持っていて、興奮、多動状態になってしまった時は、本人にとってもつらいものです。しかも、急性期で入院が必要な状況は、一番手厚い医療が必要な時です。その時に問答無用で隔離室に叩き込まれて、それでさらに興奮も止まらなかったら身体拘束するというのは、果たして医療なんですかということを強く問いたい。

 もちろん、精神科の疾患の症状が強く出ている時に、一定の強制力を使わざるを得ないという必要性自体は認めます。とはいえ、現状はあまりにおかしいという感じがしてなりません。

──向精神薬が自殺につながるケースなど、精神科病院の薬漬けの実態について本書の中で述べられています。薬漬けの日本の精神医療について教えて下さい。

風間:薬漬けも由々しき問題です。日本は、多剤併用、多くの薬が投与される傾向が国際的にみて高く、なかなか改善しません。

 医師と話をする中で浮かび上がってくるのが、先ほどの身体拘束と同時に向精神薬をはじめとした薬による拘束の問題です。向精神薬の投与は「化学的拘束」とも言われます。病院としてみれば、常に薬によって患者が鎮静させられている状態というのは扱いやすいですよね。

 精神科病院は、一般科に比べ医師・看護師とも配置基準が薄くてよいという規定があり、今も人手が足りない状況にある病院が多くあります。その点からしても、薬による鎮静というのを病院側は有効に活用しています。

 ただ、患者側からすればたまらないですよね。強制入院させられて、病院内では薬を断ることができません。患者は看護師の前で薬を飲み、ちゃんと飲んだかどうか口の中も見られることもある。自由に自分の意志では出られない閉鎖病棟で、薬の投与も強要されることを想像してみて下さい。怖くないですか。

──看護師が患者に暴力やいじめを行い、精神科病院も恣意的でいい加減な治療を行う強制収容所のような実態に驚愕します。日本の精神科病院とそこで働く人々のモラルについて、取材を通してどのようなことを感じましたか。

精神科病院で繰り広げられていた日常的な虐待

風間:私もなぜ虐待や恣意的な入院が起こるんだろう、もともとそういう資質のある人が仕事に就いているのか、と思うくらい驚きの連続でした。実際に取材を続けてみると、個人の資質ではなく、むしろ今の精神医療の仕組みが虐待などを作り上げているんだと思うに至りました。

 神出病院という神戸市の少し外れにある大規模な病院で、数年前に看護師らによる患者の集団虐待暴行事件が起きました。公判を傍聴した地元の支援者の人々によると、看護師たちはごく普通のどこにでもいるような青年だったそうです。

 神出病院は、地元の人によると、あまり地域と関わりを持とうとしない病院で、他の神戸市内の精神科病院とも連携のないような立ち位置の病院だったそうです。ある意味で閉鎖的ですよね。

 虐待行為が行われていたのは、認知症統合失調症の症状が重い人、つまり、自分の意見を発したり意思疎通を図ったりすることが難しい人がいた病棟です。病院自体も閉鎖的なところで、病棟自体も閉鎖病棟。看護師が患者に何をしても、反撃されたり告発されたりすることがないんです。

 新人でその病棟に入った看護師によると、看護師は患者をいたぶって1人前のような雰囲気があったそうです。逆に、そういう行為をやらないと看護師仲間に入れてもらえないので、仲間外れが嫌で自分もやむなく虐待行為を始めたみたいな発言がありました。

 一番の問題は、精神科病院、とりわけ閉鎖病棟に関しては外から中をうかがい知ることができない上に、外に対して情報公開もしない状況では、虐待などの問題が起きやすいということです。変な仲間意識の中で、閉鎖病棟の様々な問題が集約したような結果として、凄惨な虐待行為につながったのではないかという考えに至りました。

──問題のある医師や看護師を外から公平にチェックするシステムはないのでしょうか。

風間:強制入院が不当だから退院させてほしいことなどを訴える、精神医療審査会という外部の第三者機関があります。ただ、多くが審査委員の過半数を医師が占めているので、現実的には審査会で患者の主張が通ることは極めて稀で、事実上ほとんど機能していません。

 精神医療審査会もそうですが、医師が他の医師の診断に対して異を唱えることは簡単ではないそうです。精神科医の場合、一般科と違って、血液検査など客観的な検査の数値によって診断をつけたりしません。つまり医師の問診しだいなので、客観的に何が正しくて何が間違っているかということを他の診療科ほど、はっきりとは言えないというところがあります。

 もし精神科医が暴走してしまったらそれを止める仕組みがない。これは本当に恐ろしいことだと思います。

「収容所列島」で一番訴えたかったこと

──読者の中には、精神疾患を持っている人、あるいは以前精神疾患を患っていた人の証言を信じるのは危険だと考える人もいると思います。証言の妥当性をどう判断しながら調査や取材を進めたのでしょうか。

風間:取材者として最も考え悩んだところです。証言が妥当であるか判断した方法の一つは、裁判上の書面のやりとりを通して、病院側と患者側双方の言い分を照らし合わせる中で、患者の証言が疑う余地のない事実だろうといえるケースです。

 もう一つの方法は、裁判に至っていなくても、支援者弁護士が関わっていて、そうした専門家の目から見ても、患者の証言内容がかなりしっかりしていると判断されるケース。そういう人たちの証言や証拠を中心に、書かせていただきました。

 とにかく、こだわったところは、疑う余地のない証言・証拠をベースとした記載を徹底したことです。

──人格障害を含め、病気や疾患とは少し異なる概念を精神疾患の範囲に含んで行くと、現在よりも多くの人が異常ありと判断され、精神科病院に入ることを求められる可能性もあると思います。

風間:私が今回取材した中でも、入院する際に医師からパーソナリティ障害と診断されている人がとても多いです。ただ、専門家の医師からは、そもそもパーソナリティ障害では通常は入院の適用とはならないとの疑問の声も上がります。

 パーソナリティ障害という診断をつけた根拠を聞いていると、「誰にでもあてはまるのでは」と思えてしかたがありません。私などでもあてはまっても全くおかしくないんです。

 精神科病院が受け入れる対象患者は、実はまだまだ広がる可能性があります。統合失調症で入院が必要な人は、いい薬ができたこともあって昔に比べて減少傾向にあります。その代わり、精神科病院への入院が増えているのが認知症の人です。

 あと私の取材を通じた実感としては、パーソナリティ障害と診断された人の入院も増えているのではないでしょうか。認知症には誰もがなり得るし、パーソナリティ障害も、誰にでもつき得る診断名です。

 私たちが訴えたかったことは、本当に誰でも記事で取り上げた数々の人権侵害のような状況に置かれてしまってもおかしくないということです。特別な人だけの話ではないんです。(構成:高野歩)

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  無価値な仕事ほど高給でエッセンシャルな仕事は低給の悲しきメカニズム

[関連記事]

予定外の妊娠でも「助けて」が言えない、毎日500件近い中絶がある現実

二人の当事者が振り返る、なぜ日本のコロナ対策は後手後手に回ったのか?

悪意のある家族による安易な強制入院も起きている