溌剌とした魅力が弾ける、剛力彩芽。前進し続ける姿が清々しい彼女が、このたび『X‐MEN』シリーズ最新作『X‐MEN:フューチャー&パスト』で、日本語吹替え版の声優にチャレンジファンの中でも人気の高いキャラクターである、青い肌のミステリアス美女・ミスティーク役を担当する。剛力自身、「今回は、ミスティークがキーパーソン」と語る理由とは? また、ポジティブに生きる、その秘訣も教えてくれた。

【関連】剛力彩芽の魅力が満載!インタビューフォトギャラリー

 突然変異によって特殊な力を身につけた X‐MENたちの活躍を描く本シリーズ。「ものすごい大作シリーズなので、お話をいただいた時はびっくりしてしまって! ドキドキでした」と剛力。その言葉通り、本シリーズは劇場収益にDVDブルーレイなどを加えた全世界の累計売り上げ7000億円を超える巨大コンテンツだ。シリーズ最新作では、『X‐MEN』を立ち上げたブライアンシンガー監督のもと、オールスターが集結。 X‐MENが未来と過去を舞台に、地球滅亡の危機に立ち向かう。

 完成作を見た印象を聞くと、「衝撃が多くて! 過去と未来をつなげていくとこうなっていくんだということが、アクションを交えながらも繊細に描かれていた」と気になる一言。担当したミスティーク役については、「今回、かなりのキーパーソン」とうなずく。

 「彼女のひとつの行動で、いろいろな人の人生や未来も変わってしまうんです。ミスティークはそんなに言葉が多い方ではないですが、その分、話す時は本当に重要なことを発する時が多い。そして、これまでのシリーズの中で経験してきたものがあって、今のミスティークがいるので。そこを含めて、どう表現したらよいのかと考えると、とても難しかったですね」と、内面を理解しながら吹替えの演技に反映することは、相当の苦労を要したようだ。

 ミスティークの魅力を聞いてみると、「真っ直ぐに進むところ」とニッコリ。「でもミスティークには、実は相手に対して熱い思いを持っているのに、自分の感情を押し殺しているようなところがあって。感情をうまく伝えられないと悩んでいる人って、たくさんいると思うんです。ミスティークのそういう面が皆さんに伝われば、勇気や励みにもなると思うんです」と役柄を通して、「伝える喜び」をさらに実感した様子だ。

 本編でミスティーク役を演じるのは、オスカー賞女優のジェニファー・ローレンスだ。「貫禄もあって、セクシーで。私と同世代と聞いて、びっくりしました!」とジェニファーの存在感を絶賛。続けて「ミスティークのアクションも素敵で。言葉を発さずに、スマートにアクションをやるんですよ。かっこいいですよね! 私は体が動かすことが大好きなので、いつかアクションをやりたいんです」と熱望。アクション女優・剛力彩芽を見られる日も近いかもしれない。

 あらゆる能力をもった面々が登場する本作。剛力にとっての、秘めたる能力は? と聞くと、「私、晴れ女なんです。自分が外でやるイベントや握手会はほとんど晴れているんです」と嬉しそうな笑顔を見せた。いろいろな世界に飛び込み、仕事を心から楽しんでいる印象があるが、「いまだにバラエティや、イベントも緊張してしまうんです。でも楽しみにしてくださっている方がひとりでもいれば、やっぱりきちんとやりたいと思う」と強い眼差しを見せた。

 新たな世界に挑む時には、もちろん不安もよぎるという。どのように立ち向かっているのだろう。「私は、表に出てしまえば、楽しんだもん勝ちだなと思っていて。自分がまだまだ慣れていないことに挑戦する時は、やってみなければわからないし、終わった時に『楽しかった』と思えるようなお仕事にしたい。いつもそう、思っています」。

 また本作では、プロフェッサーXとマグニートーという、宿命のライバルの関係性も見どころだ。剛力には、励みとなるようなライバルの存在はいるだろうか? 「私はあまり、周りにライバルを作ったことがなくて。かっこいいことを言うわけではないですが、やっぱり自分自身なのかなと思います。昔の自分と比べる必要もないと思いますが、お芝居を始めた頃は、いろいろと勉強したり、研究していたなと思うと、今は努力を怠ってしまっているかもしれないと感じたり」と、頑張ってきた自分が一番のライバルのようだ。

 最後には、「今までの自分より、背伸びをして大人っぽく意識して演じました。新しい一面を見せられたらいいなと思っています」とアピールしてくれた剛力彩芽キラキラとした前向きオーラを放ち、彼女の周囲は笑顔にあふれていた。この周囲を巻き込む明るさこそ、一番の彼女の能力かもしれない。(取材・文・写真:成田おり枝)

 『X‐MEN:フューチャー&パスト』は5月30日より公開。

剛力彩芽「いつかアクションをやりたい」ミスティークのアクションに憧れた? クランクイン!