中国ではザリガニ料理が有名だが、特にこの時期は旬ということもあり、市場には多くのザリガニが出回っている。そんな中国で先日、“ザリガニ料理ファン”を震撼させる出来事が起きた。ザリガニのハサミでをケガした女性が3日後に亡くなってしまったのだ。

中国揚子晩報などが5月22日に報じたところによると、亡くなったのは浙江内の病院に入院していた70歳のさん。さんは病院から緊急転院して治療にあたっていたが、善の兆しは見られず。そのまま息を引き取ったという。

今回メディアに報じられて中国人の関心を引いたのは、さんがザリガニのハサミにを切られたことが直接の死亡原因となったことだ。さんは先日、市場料理用にザリガニを購入したが、洗浄している最中にをケガし、その後体調が悪化。ケガをしたく腫れ上がり、翌日には高熱を出して睡状態に陥り、緊急入院となったのだという。

さんの治療に当たった主任医師の話では、さんが死亡した原因は恐らく細菌の感染とのこと。ザリガニは汚で生活するその習性から多くの菌を保持しており、ハサミで切られた際に傷口から感染、大量繁殖しながら血液を通じて身体中の臓器に至り、機に支障を来すようになったようだ。

ちなみに医師は、普通の人であれば、さんのように最悪の事態には至らなかったであろうとも述べている。さんはもともと心臓病や高血圧肝臓病気などに悩まされており、免疫が落ちていたことが災いしたようだ。また、細菌が多く付着しているザリガニだが、ザリガニ自体はであり、きちんと洗浄して煮込んで食べればまったく問題ないとしている。