東証プライムに上場するタイヤ・ゴムメーカー横浜ゴム」の山石昌孝社長(59)が、女性と食事やデートを共にする対価に経済的援助をする“パパ活”を行っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

筋金入りのコストカッター

 創業105年目を迎える横浜ゴムは主力のタイヤ事業が北米を中心に好調で、2021年度の売上収益は前期比21.7%増の6708億円、営業利益は836億円を突破。いずれも過去最高を記録している。

 同社の成長を牽引する山石氏は早大教育学部を卒業後、1986年に入社。経営企画畑を歩み、2017年3月、代表取締役社長に就任した。山石氏の役員報酬は1億4600万円(2021年12月期)で、前年同期は2億3900万円に上る。

 経済部記者が語る。

「山石氏はM&A資金や研究開発費の捻出のため、徹底的なコスト削減を指揮し、優れた削減案には最高100万円の社長表彰を行うことを発案するなど、筋金入りのコストカッター。既婚者です」

都内一流私大に通うA子さんと沖縄旅行

 そんな山石氏の“別の顔”を同社関係者が明かす。「山石社長は30歳以上年下のA子さんに心底入れ揚げ、日々パパ活に励んでいるのです。関係は5年以上で、国内外の高級ホテルに宿泊し、そのたびに高額なブランド品を買い与えています」

 小誌は山石氏とA子さんが4月15日~17日、2泊3日で沖縄・那覇を旅行した様子を目撃。16日には日本最大級の免税ショップ「Tギャラリア沖縄」を訪れ、山石氏はA子さんのためにフェンディやディオールなどの高級店でバッグや帽子などのブランド品を購入していた。

 5月7日、送迎車の黒いベンツで帰宅した山石氏を直撃。A子さんとの関係を問うと、一時間以上にわたって少しずつ重い口を開いた。

色々教えてもらっていることの御礼として…

 山石氏によるとA子さんは現在26歳。5、6年前、都内一流私大に通う彼女が働いていた銀座のクラブで知り合ったという。

「当時、彼女は『親がお金を出してくれない』と、いろんなバイトをして苦しんでいて、『このままじゃ学校を辞めなきゃいけない』って言われて。『そうか』っていう話ですよね。今は大学院に行って資格を取り、マーケティングデザインとかをやっているんです」

――沖縄でブランド品を買い与えたのは?

「御礼としてです。色々教えてもらっていることがあって。例えば学生に今、人気のものとか、どういうものが採用に使える、使えないとか。学生は就職しても3、4年で辞めるとかね。そういう話を色々教えてもらっていて」

企業トップとして「軽率だった」と認める

――それに対する報酬としてブランド品を買ってあげたということ?

「そうです。現金で渡すより、そっちの方がいいのかなと思って」

 山石氏はA子さんと「肉体関係はない」と頑なに主張。さらにこう続けた。

「会社がやっぱり一番心配で……。会社に迷惑かけたくないので、明日にでもちゃんと彼女と会って話して(関係を)清算します。すごい反省しているんです。私も企業のトップをしていますから、自分は軽率だったというのは認めます」

新入社員へのメッセージには…

 今年4月、山石氏は新入社員に向け、次のようなメッセージを寄せている。

「仕事をする上で重要なことは『安全とコンプライアンス』。日頃から安全を意識した行動を心掛けてもらいたい。コンプライアンス違反は会社全体の問題として扱われるので横浜ゴムの社員として責任のある行動をお願いする」

 5月10日(火)12時配信の「週刊文春 電子版」および「週刊文春5月11日(水)発売の「週刊文春」では、山石氏とA子さんの沖縄デート写真、購入した高級ブランド品の金額、山石氏との詳しい一問一答、小誌記者への"仰天提案"などについて報じる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年5月19日号)

山石社長(会社HPより)