刑務所・牢屋・牢獄

女性を無惨に殺害した後、その幼い娘を誘拐してひどい目にあわせ逮捕された男。そんな男が死亡したことを、『The Daily Star』などの複数の海外メディアが伝えている。


■何度も問題を起こした男

アメリカ・フロリダ州で暮らしていた男(41)には、妊婦に対する容赦ない暴行、わいせつ行為などいくつかの前科があった。

逮捕され刑務所に入ったが、釈放からしばらくたつと再び性欲に支配され、自分をコントロールできなくなったようだ。


関連記事:身体障害持つ父親が14歳娘に迫るも拒否され… 殺害後の遺体に性的暴行

■ついに殺人事件が発生

刑務所を出て72日が経過した2014年12月1日のこと、男は子供時代から知り合いだった男性の自宅を訪問。その場にいた男性の妻(35)に襲いかかり性的暴行を試みたが、想像以上に激しく抵抗された。

逆上した男は女性の首を靴紐で絞めて気絶させ、さらには刃物で何度も首を刺して殺害。その後、自宅にいた女性の娘(10)にも襲いかかった。

■10歳女児を暴行・誘拐

男は女児に容赦なく性的暴行を加え、そのまま誘拐し車で逃走。嫌がる女児を再び暴行し、ようやく解放した。

なお女性の遺体の第一発見者となったのは、その息子だった。息子は男がおぞましい行為に及んでいる最中に家に戻ったが、男に「ママなら外出中だ」「お友達の家に遊びに行きなさい」と言われ従っていたのだ。

警察は家を目指して必死に走る女児を発見し、事情を聞いてすぐに捜査を開始。事件発生から数時間後に男を発見・逮捕した。


■自殺した男

2019年に死刑判決を受けたものの、男は表情すら変えず落ち着き払っていたとのこと。刑務所に送られ死刑執行を待っていたが、5月2日ベッドのシーツで首を吊り自殺した。

遺書のようなものがあったのか、また様子がいつもと違ったのかなど、詳細はまだ伝えられていない。母と子が悲惨な目にあうというこの事件に、地元の人たちは大変な衝撃を受けたという。大事な家族をこのような形で亡くした遺族のショックと悲しみは計り知れない。

・合わせて読みたい→未成年の娘が性的暴行され怒りに震えた父親 裁判所前で待ち伏せし加害者を殺害

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

死刑判決を受けた男が刑務所で自殺 女性惨殺と女児への性的暴行・誘拐の重罪